手作りの布ガーゼマスクの生地選びと素材の種類、材料と便利な道具

新型コロナの影響で、使い捨てマスクが手に入りづらくなっていますが、布ガーゼマスクも購入困難になっているようです。

手作りはハードルが高いと思っている方も多いかもしれませんが、実はそんなに難しくないですよ。

作り方の手順を画像を使って説明していきます。

初めて手作りする方のために、布選びや道具選びなどもご紹介します。

スポンサーリンク

布マスクの材料

布マスクの材料をご紹介

します。

●布(外側と内側それぞれを別の生地で作ることができます。)

●ゴム

●ノーズワイヤー

使い捨てマスクにもノーズワイヤーが入っていることが多いですよね。

ノーズワイヤーがあるとしっくりきますが、手作りでワイヤーを入れるのは面倒だという場合は、入れなくても大丈夫です。

布:手作りマスクの生地の選び方

生地には多数の種類があります。

目が粗い生地ほど、柔らかく肌触りが良い傾向がありますが、その半面、ウイルスや花粉などを通しやすいというデメリットもあります。

目の詰まった生地は、ウイルスや花粉を通しにくいというメリットがありますが、硬くてゴワゴワしやすいというデメリットがあります。

目の粗いしっかりした生地を外側に、目の粗い肌触りの良い生地を内側にするなど、上手く組み合わせることで、スタイリッシュで機能性のあるマスクを作ることが出来ます。

マスク最適な生地の素材の種類

ダブルガーゼ

肌触りの良さは断トツガーゼです。

ダブルガーゼといは、薄いガーゼ地が二枚重なった生地のことを言います。

ダブルガーゼは目が粗く、花粉やウイルスなどを通しやすいというデメリットがありますので、3重~4重に重ねるか、他の生地と合わせて使うのがおススメです。

■オーガニックのダブルガーゼ

■国産のダブルガーゼ

■カラーが豊富なふわふわダブルガーゼ

麻は、見た目がスタイリッシュなので、おしゃれなマスクを作ることが出来ます。

吸水性が良くさらっとしているので、汗ばむ春夏にも最適です。

デメリットとしては、目が粗いので、3重~4重に重ねるか、目の詰まった生地と組み合わせて使うのがおススメです。

■アンティーク風な色合いが素敵なラミーリネン

ニット

ニットはソフトで肌触りが良いのが特徴。柔らかいので、顔の凹凸にもしっくりなじみます。

縫う時に伸びやすいので、ちょっと扱いにくいのがデメリット。

■ナノミックス

抗菌消臭効果のあるニットなので、マスク作りに最適です。

■肌触りの良いスムースニット

コットンネル

ネルシャツと言われる服の素材です。

コットンネルは、少し起毛していて、暖かみがあるのが特徴。

冬のマスクの外側におススメです。

目が詰まっているので、スギ花粉が飛び始める2月頃のマスクに最適ですね。

■ドリップすればおいしいコーヒーが飲めるほどの良質なネル

コーヒー豆をドリップできるほどなので、花粉やウイルスのシャットアウトも期待できそうですね。

おススメの生地

マスク不足の影響で、布マスクの材料も手に入りにくくなっています。

普段は100円ショップでも十分マスクの材料になるものが手に入りますが、現在は在庫切れになっているかもしれません。

そんな時は、家にあるもう使わない布地を再利用するのも手ですね。

どうせ作るなら、「外出用にきちんとしたマスクを作りたい」場合は、生地から好みのものを選んでこだわりのマスクを作ると愛着も何倍にもなりますね。

100円ショップの手ぬぐい

ダイソーやセリアでは100円で手ぬぐいが売っています。

可愛い柄がたくさんあるので、マスクの生地にもおすすめです。

100円ショップのダブルガーゼ

セリアでは、かわいいダブルガーゼ生地の端切れが売っています。

マスクを作るのに十分な大きさがあります。

サイズアウトした子供服

子どもの着古したかわいい柄の洋服をマスク生地にするのもおススメ。

大人の首元がヨレて着られなくなったTシャツなどもおススメです。

着古したYシャツ

お父さんや学生の子どもの着古したYシャツやブラウスはマスクに最適。

襟が擦れて着られなくなっても、見頃の部分はまだきれいということがありますよね。

水通しが必要な生地

水通し、とは、水に濡れると縮みやすい素材の生地を裁断する前に生地を一度水に通すことです。

もし、水通しせずに作ってしまった場合、洗ったときにサイズが一回り小さくなってしまった、ということにもなりかねません。

水通しが必要な生地は、次の通りです。

  • ガーゼ
  • 綿
  • ガーゼニット

【水通し方法】

①生地全体をしっかりと水に浸します。生地が大きい場合は、45ℓのビニール袋などを使うと便利!

②水けをきって干します。この時、ぎゅっと絞ると布目が曲がったり、しわになったりするので、軽く抑えるか、洗濯機のドライ機能で脱水を軽くかけます。

③布目を整えて半乾気になるまで干します。半乾きの状態で布目を整えながらアイロンをかけます。

水通しなんてしないで、今すぐ作りたい!と思ってしまいがちですが、せっかく作ったものが縮むことほどかなしいことはありません。

焦らずキチンと水通ししましょうね。

ゴム

マスク用ゴム

マスク用のゴムというものがあります。

ソフトで耳が痛くない素材でできています。

カラーも豊富で、お好みの色を選べます。

ですが、マスクの材料不足の現在は入手困難になっていますね。

そこで、代用品として、他の種類のゴムをご紹介します。

ヘアゴム

いわゆる、髪の毛を結ぶゴムです。

100円ショップでも手軽に手に入ります。

ネットで探すと、カラーも豊富に選べます。

■楽天で見つけたおススメのヘアゴム

ストレッチレースゴム

見た目もかわいいストレッチレースゴム。

手作りのマスクにレースゴムを使っていたら、すっごくおしゃれですね。

■楽天で見つけたおススメのストレッチレースゴム

丸ゴム

パンツのゴムなどに使われる丸ゴムです。

ソフトタイプとハードタイプがありますが、ソフトタイプの方が柔らかくて耳が痛く成りづらいのでおススメです。

丸ゴム白

楽天で購入

使い捨てマスクのゴムを再利用

欲しいゴムが売り切れていて買えない!というときは、使い捨てマスクのゴムを再利用するという手もあります。

使い捨て用に作られているゴムのため、耐久性は期待できません。

数回使っているとダメになってしまうので、その都度付け替える必要があります。

スピンテープ

こちらはゴムではなくカラフルで柔らかいテープです。

ゴムだと耳の後ろが痛い・・・という方はテープがおススメです。

少し長めに切って、耳の後ろで好きな長さに結んで使用します。

一度結べば、その都度結び直さなくても着脱できますよ。

アクリルテープ

50mも入っていて税込638円(2020年3月時点)というびっくり価格!

オフホワイトなので、どんな色のマスクでも合わせやすいです。

ゴムだと耳が痛くなる方にアクリルテープはおススメです。

優しい付け心地に仕上がります。

ノーズワイヤー

鼻の部分が浮かないようにマスクの上部に入れるワイヤーです。

使い捨てマスクのワイヤーを再利用

上記の画像は、使い捨てマスクに入っているものを抜き取ったものです。

使い捨てマスクを捨てるときに抜き取っておくと、手作りマスクを作るときに再利用できますよ。

テクノロート

使い捨てプリーツマスクにも使われているものです。

手芸屋さんなどで購入できます。

■楽天で見つけたテクノロート

ノーズフィッター

使い捨てプリーツマスクにも使われているものです。

手芸屋さんなどで購入できます。

楽天で販売されているノーズフィッターは、10cmにカットされているので、使いやすく便利です。

カラータイ

ラッピングなどに使うワイヤーのタイです。

1本だと弱いと感じる場合は2本入れてみてください。

アイロンの熱には弱い素材の場合があるので、マスクにアイロンがけをする際には注意が必要です。

マスク作りに便利な道具

フリクションボールペン

書いて消せるのが特徴のフリクションボールペン。

実は、布地に書いても、水でぬらすと落ちるんです。

なかなかチャコペンだと0.38mmという細さの物はありませんが、フリクションボールペンなら、一ミリもずれたくない場所の印付けなどもピンポイントで書くことが出来ます。

布地によっては、落ちにくい場合もあるかもしれませんので、見えない場所で試してから使用することをお勧めします。

方眼定規20cm

20cm方眼定規があると、小物を作りに重宝します。

ウイルスに負けない免疫力を付ける食材の紹介はこちら

健康な毎日を維持するには、免疫力アップは必要不可欠です。 免疫力が低下していると、病気に負けてしまい、風邪をこじらせたり、時に...

マスク関連グッズの作り方紹介

使い捨てマスク、布マスク、マスクポーチの作り方をご紹介しています。

使い捨てマスクの作り方

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で使い捨てマスクが全く手に入らない状況になっています。 買えないのなら、自分で作っち...
新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクが手に入りづらくなっています。 買えないのなら作っちゃいましょう! という訳で...
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で使い捨てマスクが全く手に入らない状況になっています。 ここでは、マスクの材料に10...

布やガーゼのマスクの作り方

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクの購入が難しくなっていますね。 そろそろ、家にある使い捨てマスクのストックがなくなる...
新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクの購入が難しくなっていますね。 そもそも、使い捨てマスクはゴミが出るし、息で中が湿っぽくなっ...

マスクカバーの作り方

使い捨ての不織布マスクは、肌触りもいまいちですよね。 蒸れて水滴がつくと気持ち悪いし・・・ ...
今回は、上から出し入れするタイプのプリーツ型のマスクカバーの作り方をご紹介します。 (ads...

マスクポーチの作り方

マスクを携帯するときにジップロックに入れて持ち歩いていましたが、何とも味気ない・・・ かわいいマスクケースが欲しいなぁと思い、...

作るのが面倒という方は、楽天でおススメのポーチをご紹介します。

新型コロナウイルスの影響で、マスクが欠かせない毎日ですね。 外出時にマスクをつけていくのはもちろんですが、予備もバッグの中に入れて持ち...

マスクの取り扱いに関する記事はこちら

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、使い捨てマスクが手に入りづらい日々が続いています。 マスクの残り枚数が残りわずか...
使い捨てマスクの入手困難が続いています。 買える日が来るとは思えないくらい、しばらく店頭でマスクをみかけていませんね。 ...
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、使い捨てマスクが手に入りづらくなっています。 そろそろ手持ちの在庫が底をつき、ガーゼマス...

『手作りの布ガーゼマスクの生地選びと素材の特徴、材料と便利な道具』まとめ

手作りマスクの生地選びや便利な道具などについてまとめましたが、いかがでしたか?

少ない材料や道具でも作れるので、ぜひ手作りマスクにチャレンジしてみてくださいね。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする