手作りマスク|布・ガーゼの平面プリーツマスクの作り方【手順画像】

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクの購入が難しくなっていますね。

そろそろ、家にある使い捨てマスクのストックがなくなるという人も多いのではないでしょうか。

街では手作りの布マスクをつける人をチラホラ見かけるようになりました。

手作りマスクなんて作ったことない、というかたも、これを機に作ってみませんか。

ここでは、市販の不織布マスクの形に近い、平面プリーツマスクの作り方をわかりやすく手順を画像付きで説明していきます。

スポンサーリンク

手作りマスクの布選び

手作りマスクの楽しみは布選びですよね。

一口に『布』といっても様々な素材の生地があり、迷ってしまいますよね。

生地選びについては、こちらの生地で詳しく説明しているので、迷っている方は、ぜひご一読くださいね。

新型コロナの影響で、使い捨てマスクが手に入りづらくなっていますが、布ガーゼマスクも購入困難になっているようです。 手作...

平面プリーツマスクの材料

【仕上がり寸法】 平置きで

普通サイズ  タテ 7cm×ヨコ 19cm

小さめサイズ タテ 7cm×ヨコ 16cm

タテはプリーツを広げると15cmになります。

タテサイズを少し小さく改正し、普通サイズと小さめサイズを同一にしました。

普通サイズと小さめサイズはヨコのサイズが違います。(2020年3月27日改正)

【材料】

の数字は普通の大人サイズ、カッコの中のの数字は少し小さめの女性用です。

外側の布…タテ 17cm17cm)×ヨコ 18cm15cm

内側の布…タテ 17cm17cm)×ヨコ 18cm15cm

ゴム通し部分の布…タテ 9cm9cm)×ヨコ 5cm(5cm

丸ゴム…28~30cm前後×2本

糸…ポリエステル60番のピンクの糸

■生地の種類

生地はお好みで選んでください。

見本で使った生地は、下記の通りになります。

外側の布…ピンクのオックス地

内側の布…水玉のダブルガーゼ

ゴム通し部分の布…ピンクのオックス地

■楽天で見つけたオックス地

オックスは割としっかりしている生地なので、マスクとしてガード力が期待できそうです。

こちらの商品はオックスの中では薄手の方なので、マスクにちょうどよさそうです。

裁断と印付け

生地を裁断していきます。

型紙なしの作り方なので、材料のところに記載したサイズに生地をカットします。

縫い代はすほとんど1cmなので、印はつけなくても大丈夫ですが、縫う時に自信がない方はチャコペンで印をつけておくと縫いやすいです。

縫い方の手順

1. 外側の布と内側の布を縫い合わせる

外側の布と内側の布を中表に合わせて、上下を端から縫い代1cmのところで縫います。

縫い代を開いて、アイロンをかけます。上下2か所とも。

クルっと表に返して、上下を橋から2mmくらいの際のところにステッチ(※1)をかけます。

※1 ステッチとは、表面に見える本番の縫い目です。ステッチをかけることで、生地を落ち着かせる役割がありますが、糸色を変えてアクセントにするなど、装飾の役割をさせる場合もあります。

2. プリーツを作る

下記の図のところにチャコペンでプリーツの印をつけます。

この時、一番上の部分は、大きめサイズは5cm、小さめサイズは4cm取ってから、プリーツの印をつけます。

生地の厚さをみこして、プリーツ幅を2.3cmにしているので、生地の厚さにより2.3~2.5cmくらいで調整してください。

上記画像に説明があるように、1cmは後ろ側に折りたたむようにプリーツを折りたたみ、待ち針で押さえます。

これが仕上がりのタテの長さになるので、8cmあるか確認しましょう。

生地の厚さにより、プリーツを指定通りの寸法に折っても仕上がり寸法にずれが生じてしまうことがあるので、ピッタリになるように、プリーツの部分で調整してください。

両脇の際のところを押さえミシン(※2)をかけます。

※2 押さえミシンとは、本縫いとは別に仮に縫っておくことで、強度を強くしたり安定させたりする役割があります。

ジグザグミシンやロックミシンなどの代わりにほつれにくくさせたりさせるために縫う場合は、捨てミシンと言うほうが正しいですが、ややこしいので今回は押さえミシンで統一して表現します。

3. ゴム通し部分の布を縫い合わせる

ゴム通し部分の布の上下をほつれ留めのために、押さえミシンをかけておきます。

ジグザグミシンやロックミシンをかけてもOK

マスク本体とゴム通し部分の布を中表に合わせます。

ポイントは、

  • ヨコの端を合わせる
  • ゴム通し部分の方の布を上下1cmずつ出るように置く

上下のはみ出た1cmの部分を折って、待ち針で押さえ、端から1cmのところを縫います。

反対側も同じように。

ゴム通し部分の布をクルっと返して、上下を折ってステッチをかけます。

1cm折ってさらに1.5cm折って三つ折りにし、本体の縫い代がきれいに隠れるようにして待ち針で留めます。

外側を上にして、ステッチをかけて、ゴム通し部分の布を縫い留めます。

外側から縫うのが難しかったら内側から縫っても大丈夫です。

このステッチは表から見える部分なので、頑張ってきれいに仕上げましょう。

どうしても難しかったら、手縫いで細かく縫い留めてもOK。

反対側も同じように仕上げます。

4. ゴムを通したら完成!

ゴム通し部分の布にゴムを通したら完成です。

ゴムの長さは28~30cmを目安にしていますが、長めに切って、ちょうどいい長さに合わせて結んでください。

結び目は見えないように中にいれましょう。

マスク関連グッズの作り方紹介

使い捨てマスク、布マスク、マスクポーチの作り方をご紹介しています。

使い捨てマスクの作り方

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で使い捨てマスクが全く手に入らない状況になっています。 買えないのなら、自分で作っち...
新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクが手に入りづらくなっています。 買えないのなら作っちゃいましょう! という訳で...
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で使い捨てマスクが全く手に入らない状況になっています。 ここでは、マスクの材料に10...

布やガーゼのマスクの作り方

新型コロナの影響で、使い捨てマスクが手に入りづらくなっていますが、布ガーゼマスクも購入困難になっているようです。 手作...
新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクの購入が難しくなっていますね。 そもそも、使い捨てマスクはゴミが出るし、息で中が湿っぽくなっ...

マスクカバーの作り方

使い捨ての不織布マスクは、肌触りもいまいちですよね。 蒸れて水滴がつくと気持ち悪いし・・・ ...
今回は、上から出し入れするタイプのプリーツ型のマスクカバーの作り方をご紹介します。 スポンサーリンク ...

マスクポーチの作り方

マスクを携帯するときにジップロックに入れて持ち歩いていましたが、何とも味気ない・・・ かわいいマスクケースが欲しいなぁと思い、...

作るのが面倒という方は、楽天でおススメのポーチをご紹介します。

新型コロナウイルスの影響で、マスクが欠かせない毎日ですね。 外出時にマスクをつけていくのはもちろんですが、予備もバッグの中に入れて持ち...

マスクの取り扱いに関する記事はこちら

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、使い捨てマスクが手に入りづらい日々が続いています。 マスクの残り枚数が残りわずか...
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 使い捨てマ...
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、使い捨てマスクが手に入りづらくなっています。 そろそろ手持ちの在庫が底をつき、ガーゼマス...

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする