マスクの色は何色がいい?色の選び方のポイントと色が与える印象

布マスクをつけている人が増えましたが、マスクは顔の半分を覆うものなので、第一印象を考えると何色がいいか迷いますよね。

どうせなら、相手に良い印象を与える色のマスクを付けたい!

ここでは、マスクの色の選び方や色が与える印象などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

色選びで気を付けることは?

マスクの色選びは、普段洋服を選ぶ時に似合う色とは少し違ってくることもあります。

というのも、顔半分が覆ってしまうということから、顔の印象がかなり隠れてしまうため、似合う色というのも違ってきてしまうんです。

マスクの色によって、相手に与える印象も違ってきます。

基本的に、白や淡いパステルカラーがおススメ。

淡い色であれば、たいていの場合は間違いないです。

明るい柔らかな印象を与えるためには

マスクは顔の半分を覆ってしまうものなので、なるべく淡い明るい色を選ぶと柔らかい印象になります。

マスクの色は白が定番ですが、白なら不思議と誰でも似合い、明るく清潔な印象を与えます。

逆に黒は威圧感や圧迫感があり、暗い内向的な印象を与えてしまいます。

万人受けする、明るい柔らかな印象を与えるためには、

GOOD : なるべく明るい色

逆に

NG : くすみカラーや濃い色

これらの色は、ブライべートとビジネスで上手く使い分けるといいですよ。

プライベートとビジネスで使い分ける

ビジネスシーンでは、清潔感やキチンとした印象が大切ですね。

おススメの色はやはり定番の白です。

白以外なら、明るくて淡い色を選びましょう。

クリーム色・淡いベージュ・ベビーピンク・ベビーブルーなどがおススメです。

プライベートであれば、ファッションに合わせて柄物を選んだり、原色やモノトーンなどの濃い色で元気さやインパクトを与えて楽しむのもおススメです。

色のトーンよる違い

同じブルー系を選んだとしても次のような違いがあります。

淡いブルー 濃いブルー くすみブルー

淡いブルーが一番明るい印象を与えますね。

濃いブルーはインパクトがありファッショナブルな印象を受けるのでプライベートでは良いですね。

くすみブルーは、少し顔が曇った印象になります。

肌色との相性では、顔色が悪く見えてしまうこともあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

色による印象

次は、それぞれの色が与える印象について、ご紹介していきます。

■赤の印象や効果

警戒心・注意力・感情的興奮・刺激

交感神経に刺激を与え、体温や血圧、脈をあげる作用がある色です。

闘牛の布も赤ですよね。

人だけでなく牛ですら、赤に興奮するということがわかります。

■こんな気分の時に選びたい

元気な時に自然と選ぶのが赤。

元気を出したい時や盛り上がりたい時などにも効果的です。

夜のデートにおすすめかも。

ピンク

■ピンクの印象や効果

心身ともにリラックスする色。

優しさや喜び、安心感などを感じる色です。

■こんな気分の時に選びたい

気持ちが満ち足りているときに自然と選ぶ色です。

リラックスしたい時や、甘く恋人と優しい時間を過ごしたい時。

肌色が良く、柔らかい女性の印象を与えたい時。

オレンジ

■オレンジの印象や効果

陽気で元気、活動的な印象

野菜や果物にも多くある色で、食欲を増進させる色とも言われます。

■こんな気分の時に選びたい

開放的で明るく陽気な気分になるので、アウトドアなどのプライベートで選びたい色です。

つけている自分だけでなく、相手にも開放的な印象を与えるため、会話が弾みます。

■黄色の印象や効果

明るく意欲的な黄色は、気持ちを前向きにして、明るい気持ちにさせる色です。

頭がさえて、回転がはやくなったり、運動神経も活発化させる働きがあり、やる気がみなぎる色です。

日本人の肌色に近い黄色は肌馴染みもよく、明るい印象を与えます。

■こんな気分の時に選びたい

明るい光のイメージの黄色は自分が元気になりたい時も、相手にも元気を与えるときにも有効な色です。

脳や運動も活発になるので、勉強するときや、スポーツに取り組むときにも取り入れたい色です。

■緑の印象や効果

自然の木々の色を思わせる緑は、リラックスや安心、安らぎなどを感じる色です。

心も体も落ち着く色なので、血圧を下げる効果があります。

■こんな気分の時に選びたい

心身ともに癒されたい時、または人を癒したい時などに効果的。

ゆったりした気持ちで過ごしたい時におススメの色です。

■青の印象や効果

爽やかで冷静、落ち着き、などの印象の色。

気持ちを落ち着かせたり、痛みを和らげたりする色なので、鎮痛剤のパッケージなどにも使われます。

赤とは反対に、青は副交感神経を刺激する色で、脈拍、呼吸、血圧を下げる効果があります。

淡いブルーのマスクは、病院や飲食などの接客業にも使われています。

■こんな気分の時に選びたい

暑い季節などに、さわやかな印象を与えたり、清潔感を与えることのできる色です。

お客様は取引先などに清潔で誠実な印象を与えたいに時に淡いブルーのマスクは最適です。

■紫の印象や効果

高貴さや優雅さのある色として好まれる村s気。

赤と青という対照的な二色を混ぜて作られる紫は、感情豊かな色と言われます。

気品高い色の反面、使い方によっては下品に見えてしまうこともあり、紫を上品に使いこなすには、テクニックが必要です。

■こんな気分の時に選びたい

紫は赤と青の混合色なので、

赤みの強い紫は情熱的な気分の時に、青みの強い紫はクールな印象で落ち着いた気分の時に。

高級感のある色なので、ファッション性を重視したい時におススメです。

■黒の印象や効果

フォーマル、高級感、そして、不安や恐怖などを表す色。

地味なようで派手なのが黒ですね。

特にマスクは白が定番なので、黒のマスクはインパクトが強いです。

■こんな気分の時に選びたい

濃い色で引き締める効果があるので、気持ちを引き締めたい時におススメです。

クールでスタイリッシュな黒は、マスクの色としてはファッション性が高い色です。

茶色

■茶色の印象や効果

大地の色としてなじみ深い茶色。

煮物やお醤油味、パンやチョコレートなど食にもなじみ深い色です。

生活にかかわり深い色なので、安定感や落ち着き、どっしりとした印象がある色です。

■こんな気分の時に選びたい

落ち着きのある色なので、薄い茶色=ベージュのマスクには安心と安らぎが感じられます。

リラックスしたい時は相手に落ち着いた印象を与えたい時におススメです。

ベージュは肌色にも近いので、肌より明るめのベージュを選ぶことで、肌映りがよくなります。

■白の印象や効果

清潔・純粋・潔白など、心が汚れていない、明るくて信頼できる印象を与えます。

汚れると目立つことから、嘘のない、真っ白な気持ちやまっすぐな気持ちが伝わる色です。

■こんな気分の時に選びたい

清潔感や信頼感を与えたい時に有効な色です。

嘘のない色を身につけることで、気持ちも引き締まります。

『マスクの色の選び方|色が与える印象と気を付けること』まとめ

マスクの色選びについてまとめましたがいかがでしたか?

色によって人に与える印象や自分自身のモチベーションも変わってくるなんて、色の効果ってすごいんですね。

これからは毎日気分のよって色を使い分けていきたいですね。

あなたにおススメの記事
毎日マスクをつけることが習慣になった今、少しでも素敵にマスクを着用したいというのが女心ですよね。 どうせならマスクをつ...
最近は、ファッションに合わせた布マスクをつけている人が多くなりましたね。 せっかくだから、自分で手作りしたいと思う人も増えてき...
夏も終わり、涼しくなってくると、おしゃれしたくなりません? 秋冬になるにつれて、おしゃれアイテムを買いに行きたくなります。 マス...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする