リネンウールとは|生地の特徴や洗濯方法など

リネンウールはその名の通り、リネンウールを配合して作られた生地です。

独特な質感にハマる人続出の人気の生地です。

どんな生地なのか、特徴や洗濯方法などのお手入れ方法などをご紹介します!

スポンサーリンク

リネンウールとは

リネンウールとは、リネンにウール(羊毛)を混合した生地を言います。

リネンというと、シャリ感があって夏のイメージのある生地ですが、リネンウールは、リネンのアンティーク感の雰囲気にふわっと起毛した暖かみがプラスされた、秋冬ならではのリネンが楽しめる生地です。

リネンウールの特徴

織りの種類がいろいろある

リネンウールは、平織りのものや綾織りのもの、へリンボーン(魚の骨みたいにV地になっている織り)などがあり、織りも一つのデザインとして、生地選びを楽しむことができます。

独特の質感を楽しむ

リネン特有の使い込むほどにくったりなじむ感じとウールのふんわり感。

他の素材にはまねのできない独特な質感です。

リネンの割合が多いものほど、使い込むほどに馴染み、表情を変えていきます。

配合率により風合いの違いを楽しめる

ウールの割合が多いものほど、ふんわり柔らかな暖かい印象に。

リネンの割合が多いものほど、ざっくりナチュラルな印象になります。

リネンもウールも共に、素肌に直接触れるとチクチクと感じる方もいるかもしれません。

セーターやアウターなど、上に着るアイテムに使うのがおススメです。

パンツやスカートなら裏地を付ければ着心地が良くなります。

ミシン糸とミシン針

ミシン針 ミシン糸
普通地 11番 60番
中厚地 11~14番 60~30番

ウールの割合が高いものほど、厚地になる傾向があります。

様子を見て、厚手用の針と糸の方が合いそうなら、ミシン針14番・ミシン糸30番に変えてみましょう。

リネンウールでどんなものを作る?

出典元:楽天(Antiqcafe アンティカフェ) 

ふわっとした雰囲気を生かした、シャツワンピースや、ガウンコートはリネンウールの素材を生かすのに最適!

パンツやスカートも素敵です。

既製品では、リネンウールと化繊が配合された生地で作られたビジネススーツも作られています。

お洗濯などお手入れ方法

■お洗濯

ウールの割合が多いものは、ドライクリーニングがおススメです。

リネンの割合が多いものは、中性洗剤を使って手洗いできるものもあります。

おススメのリネンウール生地

■自宅で手洗いできるリネン多めへリンボンのリネンウール

■平織のリネンウール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生地の森 平織アンティーク風 麻ウール1/25番手50cm単位布 無地 厚手 おしゃれ
価格:1430円(税込、送料別) (2020/9/23時点)

楽天で購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする