合格祝いはいつ渡す?入学祝いも渡すべき?もらったらお返しは必要?

孫や甥っ子姪っ子が受験勉強から「合格したよ!」との連絡があると、「おめでとう」の気持ちと同時に、「お祝い渡さなきゃ!」と頭をよぎりますよね。

でも、ちょっとまって?お祝いって合格祝いを渡すもの?合格祝いを渡したら入学祝いはいらないの?

考えるとわからなくなってきますよね。

合格祝いと入学祝いの違いや相場、お返しなどについて調べてみました。

合格祝いと入学祝いの違い

合格したら、すぐにでも渡したくなるのが合格祝い。

入学祝いは入学するお祝いなのでちょっと先なのかな、と考えますよね。

結論としては、この二つには違いはないようです。どちらを贈っても間違いではありません。

イメージとしてはこんな感じですよね。

 ・合格祝い→合格した本人に贈る

 ・入学祝い→入学する為の資金として保護者に贈る

合格祝いは、受験勉強に励んで目標としていた希望の学校に合格したお祝いとして本人に贈るもの。

入学祝いは、入学時にかかる制服代等の準備金として保護者に渡すもの、ですよね。

どちらかのみを贈っても両方贈っても、どちらでも間違いはないようです。

いつ渡す?どうやって渡す?

贈る時期ですが、合格や入学が決まったらなるべく早い段階で渡すのがマナーです。

遅くても入学する2~3週間前までの吉日(大安・先勝・友引)に渡すといいようです。

遠方に住んでいる場合は、郵送でもマナー違反ではありません。むしろ、遅れるよりは郵送で届けたほうがいいですね。

手渡しをする場合は、本人と親が一緒にいるタイミングで渡すのがベストです。

お祝いの相場

贈る相手との関係によって変わってきます。

祖父・祖母 10,000円~100,000円

叔父・叔母 5,000円~50,000円

友人 3,000円~10,000円

本人とどれくらい親しいか、などの関係の深さでも金額は変わってきます。

合格祝いとして本人に贈る場合は、少なめの金額でいいかもしれませんね。

幼稚園から大学生までの相場なので、年齢に応じて金額は高くなる傾向にあるようです。

特に大学生の場合は、四月から1人暮らしや寮生活が始まることも多いので、お小遣い代わりとして本人に渡すと喜ばれますね。

のし袋

のし袋の種類

合格祝いと入学祝いは何度あってもいいお祝いなので、「蝶結び」を選びましょう。関西では「あわじ結び」を選んでもいいとの考えもあるようです。

  

のし袋は、

 ・関東・・・多当折り」という上下を折り返す四方折り方式

 ・関西・・・「風呂敷折り」という風呂敷包みのような斜め折り方式

 ・比較的少額のお祝い・・・カジュアルな「封筒型

お祝いと弔事で折り方が違うので注意しましょう。

表書き

上の段には

合格祝・合格御祝・祝合格・入学御祝・祝御入学・御入学御祝

などがいいでしょう。

下の段には

贈る人のフルネームを記入します。夫婦で贈る場合は、夫のフルネームだけを記入するのが一般的ですが、夫婦連名にする場合は、右に夫、左に妻のフルネーム名を書きましょう。

メッセージを添えて

  

お祝いごとなので、ぜひメッセージを添えて贈りたいですね。

入学祝いの場合は、保護者宛てと本人宛どちらでもいいでしょう。

合格祝いの場合は、本人宛てがいいですね。

長めのメッセージを書く場合は便箋で、ひとことメッセージにする場合はメッセージカードや一筆箋などを使うといいですね。

お返し

子どものお祝いにはお返しは必要ないとの考えが一般的です。

お祝いを贈るときは、相手に負担にならないような配慮も必要ですね。

まとめ

合格祝いと入学祝い、どちらも気持ちを込めて贈りたいですね。

人生の門出のお祝いに参加させていただけるなんて、ありがたいことです。

何ごとも「気持ち」が大事。贈られる側の気持ちや負担も考え、気持ち良くお祝いしたいですね。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする