アルコール消毒液(消毒用エタノール)のおすすめ商品5選!濃度が大事

インフルエンザ感染の予防などに効果的なアルコール消毒液。

さまざまなメーカーから出ていて、何を選べばいいのかわからないですよね。

数多くなる中から、人気の商品のそれぞれの特徴や違いなどを比較してまとめました。

アルコール消毒液の選び方

手指の消毒用としてアルコール消毒液を選ぶときは、エタノール濃度(アルコール濃度)60%以上の物を選びましょう。

70~80%の濃度が一番消毒効果がありますが、肌が弱い方は60%前後のものがおススメです。

50%以下になってしまうと、消毒の効力がなくなってしまいます。

手ピカジェル

適量を手に取り、手指全体に伸ばして乾燥するまで擦り込みます。

ワンプッシュで適量が出るので、使いやすいです。

エタノール濃度:76.9~81.9

【手ピカジェルの商品詳細】
●水がいらない速乾性すり込み式なので、手軽に手指消毒。
●ヒアルロン酸Na配合で、手指にやさしい
●広範囲の細菌、ウイルスをすばやく消毒

【成分・分量】
エタノール(C2H6O)・・・76.9~81.9voL%
添加物・・・ヒアルロン酸Na、グリセリン、酢酸トコフェロール、カルボキシビニルポリマー、トリエタノールアミン

ビオレu 手指の消毒液

デザインがかわいいので、子どもが喜んで使ってくれそうですね。

ハンドソープもビオレにして統一するとインテリア感もアップ!

エタノール濃度:50~60%と、少し低めなので、お肌の弱い赤ちゃんにも安心して使えます。

【ビオレu 手指の消毒スプレー スキットガード 置き型 本体の商品詳細】
●家族の清潔習慣に!
●幅広いバイ菌をすばやく消毒!
●すばやくなじみ、さらっとした使用感
●手肌にやさしい保湿成分配合
●天然成分からなるエタノールを溶剤として使用

【成分】
有効成分・・・ベンザルコニウム塩化物0.05w/v%
添加物・・・エタノール、グリセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、乳酸Na

スプレー式消毒用エタノール

スプレー式になっているので、持ち運びがしやすく便利です。

エタノール濃度:76.9~81.4

【消毒用エタノールA ケンエーの商品詳細】
●病人の介護時に
●トイレの後に
●通院の後に
●食事の前に
●帰宅時に
●旅行、アウトドアにも

【成分・分量】
エタノール(C2H6O)76.9~81.4voL%含有

アルボナース

肌荒れがしにくく、さらさら、すべすべ感があります。

他に比べてちょっと価格が高めですが、その分、安心して使えます。

エタノール濃度:59%

【商品説明】

●水洗い不要の速乾性手指消毒剤
●広範囲の微生物に対して短時間で効力を発揮します
●3種類の保湿剤配合により使用後、手に潤いを与えるだけでなく、さらさら、すべすべ感も与えます。

●成分:塩化ベンザルコニウム、エタノール、ポリオキシエチレンラノリン等

●水洗い不要の速乾性手指消毒剤
●広範囲の微生物に対して短時間で効力を発揮します
●3種類の保湿剤配合により使用後、手に潤いを与えるだけでなく、さらさら、すべすべ感も与えます。

キレイキレイ泡で出る消毒液

泡で出てくるタイプです。

小さいお子さんでも使いやすいですね。

指定医薬部外品の手指用消毒剤(有効成分:ベンザルコニウム塩化物)。専用容器から泡で出てくるので、お子様やご年配の方でも手指にのばしやすく、使いやすい。低アルコール処方でアルコール臭が少ない。
●寸法/80×215×80mm
●内容量/550mL
●液性/弱酸性
●有効成分/ベンザルコニウム塩化物

まとめ

それぞれ特徴があり、濃度や価格も違ってくるので、いろいろ試して使いやすいものを見つけてくださいね。

インフルエンザを100%予防するためのアルコール消毒液の選び方と使用法を、こちらの記事で詳しく紹介しています。

2019年11月23日の『世界一受けたい授業』で インフルエンザウイルスをほぼ100%撃退!薬局で買える液体とは という...

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする