吉野彰さんの出身高校は偏差値76!妻の久美子さんの画像や子どもなど。

2019年ノーベル化学賞吉野彰さんなど3名に贈ると発表がありました。

ノーベル化学賞に選ばれた吉野彰さんの出身高校は偏差値76のトップ校。

どんな高校に通っていたのでしょうか?

その他、妻の久美子さんや子どもなどの家族構成など、吉野彰さんについて調べてみました。

吉野彰さん プロフィール

名前

吉野彰(よしの あきら)

生年月日

1948年1月30日(71歳)

出生地

大阪府吹田市

現職
名城大学 大学院理工学研究科 教授
旭化成株式会社 名誉フェロー
技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究委センター 理事長
株式会社 KRI 特別顧問
九州大学 グリーンテクノロジー研究教育センター 訪問教授

今までの主な受賞歴

チャールズ・スターク・ドレイパー賞(2014)

日本国際賞(2018)

欧州発明家賞(2019)

吉野彰さんはお酒が大好きだそうです。

過去にも、とても素晴らしい賞をいくつも受賞されているんですね。

難しくてよく分かりませんが、なんだかすごい人だということが伝わってきます。

吉野さんは、コバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発したそうです。

リチウムイオン電池は、携帯電話やノートパソコンのバッテリーなど、現在のIT社会には必要不可欠な電源ですね。

さらに、自動車や住宅など幅広い分野での、エネルギーの効率利用による環境負荷の低減が期待され、さらなる研究を進めているようです。

スポンサーリンク

出身高校や大学

高校は、大阪府立北野高等学校を卒業

偏差値 76 という超トップ校ですね。

公立高校でこの偏差値ってすごすぎです!!

京都大学進学率は、大阪府でトップ、全国でも二位だそうです。

こんなすごい学校、誰が通うのぉ?と思ったら、有名な卒業生に

橋下徹(弁護士、元政治家、タレント)

手塚治虫(漫画家)

有働由美子(アナウンサー)

などがいらっしゃいました。

大学は、京都大学工学部を卒業。

大阪大学では、博士(工学)の学位を取得されています。

妻は子どもなど、家族について

今回のノーベル化学賞受賞にあたって、奥さんの久美子さん(71歳)がテレビでインタビューに答えていました。

写真を見てもわかる通り、受賞をとても喜んでいるステキな笑顔を見せてくれています。

久美子さんの「普段は何をされているんですか?」

と質問すると、「言っていいのかしら?家でゴロゴロしています」とちょっと恥ずかしそうに答えていました。

吉野彰さんも優しそうな笑顔の方ですが、奥さんも負けないくらい優しそうな方ですね。

とてもステキなご夫婦だということが伝わってきますね。

こんな素晴らしい功績を残された吉野彰さんは、子ども時代どのような家庭環境で育ったのでしょうか?

きっとご両親も素晴らしい方なのでしょうね。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする