山口小夜子(パリコレモデル)謎の死因。孤独と恋愛、モデルの苦悩など

2019年12月6日の『爆報!THEフライデー』では、

伝説のパリコレモデル・山口小夜子12年目の真実!  謎に包まれた晩年!生前最後の写真をテレビ初公開!

という特集が放送されます。

山口小夜子さんは説の日本人パリコレモデルと言われている、すごい人。

モデルだけではなく、女優やデザイナー業などもこなす、マルチな才能と魅力の持ち主。

プライベートをほとんど明かさなかったという山口小夜子さんについて調べました。

早速見ていきましょう!

山口小夜子とはどんな人?

名前:山口小夜子(やまぐち さよこ)

生年月日:1949年9月19日

沒年:2007年(平成19年)8月14日(享年57歳)

出身地:横浜

高校:京浜女子大学横浜高等学校

専門学校:杉野学園ドレスメーカー女学院

身長:170cm

職業:モデル・女優・ダンサー・DJ・舞台衣装デザイナー

山口小夜子の死因、孤独死の真相

山口小夜子さんの死因は、急性肺炎と言われています。

2007年8月17日に港区の自宅マンションで一人で倒れているのを知人が見つけ、病院で死亡が確認されたと報じられました。

しかも、死亡したのは14日とのことです。

つまり、死亡してから発見されるまでに3日かかったということになります。

そのため、孤独死、と言われているようです。

なくなってから発見されるのに3日もかかったなんて、寂しかったでしょうね。

真夏の3日間となると、ご遺体もちょっと心配な状況になっていたかもしれません。

常に美の頂点にいた山口小夜子さんにとっては、悲しい最後になってしまいましたね。

後日とり行われたお別れ会には、約1000人もの人々が献花に訪れ、別れを惜しんだということです。

急性肺炎とは

山口小夜子さんの死因となった急性肺炎とは、どんな病気でしょうか。

肺が、広い範囲にわたって傷害を受け、急激に酸素を取り込む能力が低下して、からだが低酸素状態になる病気

肺炎とは、何らかの病原性微生物が肺に侵入したことで起きる急性の炎症です。

急性肺炎の種類の中でも、市中肺炎は、自宅などを拠点として日常生活を送っている人が、その過程で病原微生物に感染し、発症した肺炎です。

風邪かなーと思っているうちに気が付いたら重症化して、肺炎を発症することもあります。

ですが、早めに治療を行えば、完治が期待できる病気でもあります。

山口小夜子さんは、亡くなる直前、風邪気味で具合が悪いと言っていたそうです。

その時にすぐに病院に行っていたら…と思うと心が痛みますね。

せめて、倒れたときに家族がそばにいてすぐに救急車を呼んでいたら、助かっていたかもしれませんね。

スポンサーリンク

結婚や恋愛について

プライベートを一切明かさなかった山口小夜子さんの恋愛については、情報を探すことができませんでした。

山口小夜子さんが若い時代は、今のようにネット社会ではなかったため、プライベートを明かさないということも普通にできることだったのでしょうね。

デザイナーの山本寛斎さんとは、デザイナーとモデルとして、親密に、そして二人三脚で頑張ってきました。
二人の親密さから、仕事だけでなくプライベートでも特別な関係なのでは?との噂がありましたが、真相はわからずじまいです。
生涯独身を貫いていたのは、
  • モデル業を優先したかったから
  • 不倫をしていたから
  • 同性愛者だから
など、数々の噂はあるようですが、どれも噂レベルの話のようで真実はわかりませんでした。

山口小夜子さんのモデルとしての活躍は

山口小夜子さんがモデルを目指していたころ、個性が強すぎてなかなか受け入れてもらえず、モデルを諦めようと思っていた時のデザイナーの山本寛斎の目に止まり、モデルとしてデビューすることになります。

この時、山口小夜子さんは22歳でした。

ファションショーデビュー時の山本寛斎のショーの主題は「KABUKI」

山口小夜子さんのイメージとピッタリですね。

もしかしたら、山口小夜子さんの魅力をいかすために「KABUKI」という主題にしたのでは?と思ってしまうほどですね。

もちろん、ショーは大成功

日本人の魅力を最大限に引き出した山口小夜子さんは『東洋の神秘』と呼ばれ大注目されることになります。

山口小夜子さんは山本寛斎さんに出会った時のことを次のように語っていました。

「私は寛斎さんに拾われたの。寛斎さんのオーディションに行っていなかったら、私はモデルを辞めていた」

それからは、二人三脚で世界で活躍し、山本寛斎さんはデザイナーとして、山口小夜子さんはモデルとして大成功をおさめました。

山口小夜子さんは山本寛斎に出会う前のオーディションに落ちまくっていた時の気持ちを次のように語っていました。

日本人女性の美しさを捨てるくらいなら、モデルにならなくてもいい・・・

落ちたらやめようと決意していたの。でも、通った。

その時からずうっと今日までおかっぱ・・・ファッションは文明の本質から生まれてくるものだと考えたい。

民族性にとらわれることはないけれど、少なくと「まわりからどう思われているか」などという観点だけで決めることはない

自分を曲げない信念を強く感じる言葉ですね。

いつでも自分らしくいきてきた山口小夜子さん、カッコいいですね。

まとめ

日本人女性の魅力の代表と言っても過言ではない山口小夜子さんのモデル人生と、死因についてまとめましたがいかがでしたか。

まさに東洋の神秘という言葉がぴったりの山口小夜子さん。

伝説の活躍は、いつまでも色あせることはありません!

安らかに眠ってくださいね。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする