待望のSWIMMER復活決定!パティズありがとう~熱狂的ファン感動の嵐

SWIMMER復活が決定し、全国の夢見る女子に感動の嵐が巻き起こってます!

「懐かしい~」「学生時代買いあさったわ~」「前回より、買うからね~」など、ネット上では、過去にSWIMMERにハマり、購入経験のある女子から、待望の復活を喜ぶ声で溢れかえっています。


SWIMMERとはなんぞや?という方にもわかりやすく、説明していきます。

SWIMMERとは?


出典元:SWIMMER

1987年に目黒区代官山で誕生したブランド。

シンボル:りんご王子

コンセプト:ノスタルジックキューティ

企画・デザイン・生産のすべてを自社で行っていたということです。

レトロなデザイン、パステルカラーやユニコーンなどの『夢かわいいテイスト』などの雑貨店。

手ごろな価格帯なことから、10~20代を中心に全世代の女性に人気があり、きゃりーぱみゅぱみゅさんなど、若手女性アーティストやアイドルなどにも愛用者が多かったことで知られていました。

当時のデザイナーによると、「大衆受けが難しい絵でも”可愛ければ採用”という社風」「自由な社風で、デザイナーとしてはありがたかった」と話しています。

SWIMMER終了

そんなに、人気の高かったSWIMMERですが、仕入れ単価の高騰に伴い、ものづくりや価格帯の維持が困難になったとして、2017年6月に『スイマー(SWIMMER)』と姉妹ブランド『チョコホリック(chocoholic)』の終了が発表されました。

2018年1月末に、全店舗を閉鎖し、惜しまれつつブランド終了となりました。

そして復活へ

待望の復活。

復活を助けてくれたのは、なんと東日本では有名な雑貨店『PATTY’S(パティズ)』

パティズは、『スイマー』ブランドをこれまで展開していた白鳳(東京都渋谷区)から、2018年12月に譲受したことを発表しました。

今後は、パティズが『スイマー』ブランドの商品の企画・販売を行うということです。

今後の事業展開に関しては、「随時、HP上でお知らせさせて頂きます。」とのことです。

楽しみですね。ワクワクが止まりません!

残念なことに、パティズは西日本には展開していないとのことです。

■PATTY’S(パティズ)とは

株式会社パティズは、1988年に会津若松市で創業。

主に東日本のイオン系列などのショッピングセンター内などに雑貨店を展開しています。

パティズ」「Dearパティズ」「WIZ」など、計100店舗以上を展開。

文房具やアクセサリー、靴下やマフラー、バッグ等の服飾雑貨などを扱っています。

PATTY’Sの公式HP(情報はこちらからどうぞ)

まとめ

女子はいくつになっても、かわいいものが大好きですよね。

わたしもSWIMMERの雑貨は大好きです。

今後販売が期待されるパティズは、アクセサリーもプチプラで買えるので、大人女子も注目のお店です。

西日本にお住まいの方は、ぜひ旅行がてらお店を覗いてみてくださいね。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする