素麺のコシを出すポイントは梅干し!?おいしい茹で方と薬味とトッピング

2019年8月15日(木)放送の

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

では、素麺(そうめん)のコシを出す方法の特集が放送されます。

夏の定番の素麺。

つるっとのど越しが良く、暑い季節でもおいしく食べられますよね。

でも、茹で方を失敗すると、伸びた感じでおいしくない・・・

素麺のコシを出すおいしい茹で方を調べていると、どうやら梅干しを入れることがポイントのようだということがわかりました。

梅干しを使った素麺のおいしい茹で方とおススメの薬味トッピングについても合わせて見ていきましょう!

スポンサーリンク

素麺のコシを出すポイントは梅干し!?

素麺をおいしく茹でるコツ、それは茹でるときに梅干しを一粒入れることなんです。

梅干しの酸の効果でお湯が弱酸性になり、そのお湯を吸ったそうめんはグルテンがしっかりと作られキュッと引き締まります。

引きしまった麺は、食べたときにコシがあると感じるしっかりとした歯ごたえの麺になります。

小麦粉で出来た麺であれば、同じ効果を得ることができるので、うどんやひやむぎでもコシを出すことができます。

ここで気になるのが、コシが出る理由は酸の効果だということです。

ということは、梅干しじゃなくて、お酢でもいいのでは?と思った方もいるのではないでしょうか。

答えは、正解です!

梅干しの代わりにお酢を1%ほど入れるという方法でもOKです。

おいしい茹で方

では、早速おいしい茹で方を紹介していきます。

コシを出そうと固めにゆでると、めんはもっと水分を吸おうとして、かえって麺がふやけてのびてしまいます。

パッケージに記載のある指定の茹で時間を守りましょう。

素麺の茹で方(2人分)

【材料】

素麺 200g

 2ℓ

梅干し 1個(またはお酢20ml)

氷水 適量

※梅干しの量は、水10ℓ(素麺1kg、10人分)までは1粒で大丈夫です。

【手順】

①大きなお鍋に水2ℓを沸かします。

②沸騰したら、梅干しを1粒(またはお酢20ml)いれます。梅干しは種ごとでOK。崩す必要はありません。

③素麺をパラパラと入れ、箸でぐるぐるとかき混ぜます。

④吹きこぼれそうになったら、火を弱めます。

⑤時間になったら、ざるにあけます。

⑥流水でしっかりともみ洗いをし、油分や塩分、ぬめりを落とします。

⑦さらに、氷水でさっと引き締めます。(水分を吸わないように手早く)

⑧ざるで水を切り、お皿に盛ったら、完成!

コシを出すポイントのおさらい

コシをしっかりと出し、おいしく茹でるポイントのおさらいをしていきましょう。

  • 梅干し、またはお酢1%を入れる
  • しっかりともみ洗いをし、油分や塩分、ぬめりを落とす
  • 氷水で引き締める
  • 以上の手順を素早く行う

麺の調理は、手早く、がポイントです。

材料や道具は事前に用意をしてから調理に取り掛かりましょう。

スポンサーリンク

おススメの薬味とトッピング

素麺っておいしいけど、味が単調なので、食べているうちに飽きてきますよね。

おいしく食べるには味に変化を付けるのがおすすめ。

そうめんに合うおススメの薬味やトッピングをご紹介します。

  • 大葉
  • 生姜
  • みょうが
  • すだち
  • 柚子胡椒
  • わさび
  • 海苔
  • ゴマ
  • 一味唐辛子
  • タラコ
  • 温泉卵
  • ツナ
  • ハム
  • 茹でた肉
  • キュウリやレタスなどでサラダ風に
  • カレー

まとめ

素麺のコシを出すには、酸の力を借りるということが分かりました。

素麺だけでなく、うどんやひやむぎにも効果があるとのことなので、ぜひ活用したいですね。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする