白えびビーバーの種類は?何味がある?歴史と魅力に迫る!

NBAの八村塁選手で話題の白えびビーバー

これをチームメイトに進めるとみんな大絶賛!

白エビビーバーのおかげでチームメイトと仲良くなったいうことで、一躍有名になったお菓子です。

NBAといえば、外国人の集まり。

外国人のお口にも合うお菓子?

気になりますね。

どんな味の種類があるか、このお菓子の歴史など、まとめてみました。

スポンサーリンク

ビーバーってどんなお菓子?

出典元:hokka

ビーバーは、揚げお菓子です。

写真のように、左のおもちを揚げると、右の揚げあられが出来上がるというわけなんです。

加賀生まれ北陸育ちの揚げあられ。

北陸自慢ののご当地お菓子なんですね。

ビーバーは、どんな種類があるの?


出典元:hokka

味の種類は4種類あります。

  • ビーバー
  • 白えびビーバー
  • カレービーバー
  • のどぐろビーバー

ん~、なんとも個性的な味がしそうですね。

ビーバーの味の紹介

4種類の味をひとつずつご紹介していきます。

ビーバー

【商品説明】

1970年に開催された大阪万博カナダ館のビーバー人形の歯と2本並べたことが商品名の由来。サクサクの食感に昆布のうまみが効いてます。(参考:hokka)

ビーバーはプレーン味といったところですね。

あられ本来の味が楽しめそうです。

白えびビーバー

【商品説明】

1970年から引き継がれてきた秘伝のレシピと製法を用いたサクサクの食感に、白えびの甘みがプラスされた絶妙な味です。(参考:hokka)

あられといえば、えび味ですよね。

えび独特の風味で、止まらないおいしさが想像できます。

カレービーバー

【商品説明】

北陸で愛され続けたあの味が復活!カレー味のスパイシーなコクと昆布のうまみのハーモニーをお楽しみください。(参考:hokka)

昆布のお出汁のうまみと合わさったちょっと和風なカレー味といったところでしょうか。

お蕎麦屋さんのカレー味を想像するとたまりませんね。

日本人が好きなカレー味ですね。

のどぐろビーバー

【商品説明】

北陸の海の幸を代表する待望の「のどぐろ味」が登場!白身のトロと言われる極上の味をサクサク食感で召し上がれ。

「のどぐろの味がする!」と情報番組『スッキリ!』で加藤浩次さんも大絶賛していました。

さすが北陸、海の幸のうまみをあられで楽しめる逸品ですね。

高級感があり、大人の味だそうですよ。

のどぐろ味のみ、箱入りだそうです。

お土産に最適ですね。(参考:hokka)

ビーバーの歴史

昭和・平成・令和を駆け抜ける北陸のソウルフード!?

1970年の発売以来
北陸で長く愛されつづけている揚げあられ「ビーバー」!
当時からのレシピと製法を忠実に引き継ぎ、
「日高昆布」を「北陸産もち米」に練り込み
「鳴門の焼塩」を効かせた伝統の味は、
サクサクの食感と昆布の旨味がきいてとまらないっ!

商品名の由来は、
1970年に開催された大阪万博のカナダ館で
展示されていたビーバー人形の歯と、
お菓子を2本並べたカタチが似ていた事が
商品名の由来なんです!

参考:hokka

1970年に作られ、北陸で長く愛されていたお菓子です。

しかし、2013年に惜しまれながら一度姿を消したそうなんです。

理由を調べたのですが、見つける事ができませんでした。

その後、復活し、今ではhokkaの看板商品となっているそうです。

1970年からいままで販売してきて、今回のようにブームになったのは初めてだそうですよ。

外国人のお口にも合うことがわかったので、海外で販売したり、空港で販売したりしてもうれますよね。

今後、日本が誇るロングセラーのお菓子になる予感です。

ビーバーの魅力

適度な塩っけとしっかりした風味で、子供から大人まで楽しめる味のようです。

お酒の肴にも合いますよ。

一袋が約80gなので、適度な量も魅力ですね。

キャラクターのビーバーもかわいいです。

ビーバーはどこで買える?

ビーバーとカレービーバー白えびビーバーは北陸とオンラインストアで販売しています。

のどぐろビーバーは北陸3県(富山県・石川県・福井県)のみで販売。

のどぐろ味は、ご当地のみの販売にこだわっているようですね。

「発送が遅れているが、来週には通常発送に戻せる予定だ。(2019年7月16日現在)』と社長が話しているということです。

hokkaのオンラインストアで販売していますが、楽天でも販売しているようです。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする