京都の鯖寿司!持ち帰りやお取り寄せ通販できる?名店いづう口コミも

2019年12月12日放送の『秘密のケンミンSHOW』で、京都の鯖寿司が紹介されます。

鯖寿司は、京都では歴史のある逸品のようですね。

京都の鯖姿寿司が有名な京都市のすし屋いづうの紹介をかねて、鯖寿司の特徴やお持ち帰り、お取り寄せや通販などの情報についてまとめました。

早速見ていきましょう!

京都の鯖寿司とは

出典元:いづうHP

海のない京都の人たちにとって、昔は鯖はご馳走だったそうです。

その鯖寿司にして世に出したのが、京都府京都市にある寿司屋『いづう』

天明元年(1781年)創業の老舗料亭です。

グルメ漫画『美味しんぼ』にも登場している、老舗中の老舗!

今では、『いづう』以外でも、鯖寿司を扱うお店は数多くあるようです。

いづうの鯖寿司

出典元:いづうHP

いづうの鯖寿司は、鯖姿寿司(さばすがたずし)と呼ばれ、材料から、こだわって作られています。

は日本近海の脂ののった真鯖

は滋賀県産の江洲米(ごうしゅうまい)。

さらに、寿司全体をしっかりとくるんでいる昆布は北海道産の昆布

さらにさらに、おいしさを保つため竹の皮で包んでいます

いづうの鯖姿寿司の特徴は、なんといっても食べるタイミングでいろいろな味が楽しめること。

時間の経過とともに、風味が変わるらしいんです!

お召し上がりの目安

製造直後

鯖・ご飯ともに柔らかく、あっさりとした後味をお楽しみいただけます。

3~7時間後

寿司全体に昆布の旨み成分が移りだし、それぞれの味がなじみ始めます。

10時間後

鯖・ご飯ともにほどよく硬くなり、鯖の旨みが浮き出すことによって、熟れ寿司特有の風味が生まれ始めます。

参考:いづうHP

どの味も試したくなりますねぇ

いづうHPによると

「遠方へお持ちの際はお声掛け頂きますと、お召し上がりの時間帯に合わせてお作りさせて頂きます。」

とのこと。

うれしい心配りですね。

店内でお召し上がりする場合の鯖姿寿司の金額は、

一人前2,430円(税込み)です。

いづうでは、オンラインショップもあります。

鯖姿寿司(1本2人前)

4860円(税込み、送料)

【いづう店舗情報】

住所:京都府京都市東山区八坂新地清本町367

電話番号:075-561-0751

いづうの口コミ

いづうの鯖姿寿司はtwitterでも大評判です。

鯖の押し寿司がおススメの名店

京都には、いづうの他にも鯖寿司のおすすめのお店はたくさんあります。

鯖寿司の形は、お店によっていろいろのようで、コレという正解はないみたいです。

どのお店の物もおいしそうで、全部食べたくなりますね。

出典元:食べログby暴飲暴食王さん

1949年創業の老舗のお寿司屋さん。

あの貴花田元親方も絶賛したという絶品の鯖寿司があります。

なんと、カウンターには流水が流れていて、そこで指先を洗うんだそう。

風情がありますね。

【蘭の店舗情報】

住所:京都府京都市中京区木屋町通四条上ル鍋屋町212

電話番号:075-221-0647

いづ重

いづうから暖簾分けしたお店です。

ころんとした形がかわいくておいしそうな鯖寿司ですね。

昆布をはがしていただくのがおススメだそうです。

【いづ重の店舗情報】

住所:京都府京都市東山区祇園町北側292-1

電話番号:075-561-0019

お取り寄せはこちらのいづ重公式ショップから注文が出来ます。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする