指原莉乃 デビュー前の子ども時代いじめ引きこもりを乗り越えてこその現在の活躍

今や老若男女、知らない人はいないというほどの有名人の指原莉乃さん。

日に日にかわいくなってきますね。

指原さん、デビュー前はいじめあっていたなどという、つらい過去を持っていたそう。

それをバネに頑張ってこその現在の地位なのでしょうね。

そんな指原さんのちょっとつらい過去とガンバル様子を調べてみました。


出典元:指原莉乃さんTwitter

♦ 指原莉乃さんプロフィール

みんなが知っている指原さんですが、プロフィールは意外と知らないかも?ということで、おさらいしておきましょ。

愛称:さっしー、さしこ

生年月日:1992年11月21日

出身地:大分県大分市

血液型:O型

身長:159センチ

スポンサーリンク

♦ 家族構成

父と母、兄が一人います。

兄は、大分県の進学校出身。広島大学教育学部卒業後、大分県内で教師をしているという噂。

プロサッカーチーム・サッカー大分トリニータが大好きだったお母さんの影響で、小学生の頃は毎回のように試合を見に行っていたといいます。今でもトリニータのレプリカユニフォームをレッスン着として着用していることもあるとのこと。

♦ 子ども時代

小学校1年の頃にテレビ番組『ASAYAN』でモーニング娘。を知りったことをきっかけに女性アイドル好きに

ハロー!プロジェクトのオーディションに応募したものの、書類審査で不合格となったという過去もあるとか。書類審査した人、後悔したでしょうねー。

出身中学は、大分市立王子中学校

吹奏楽部に所属し、担当楽器はトロンボーン

中学2年の夏には吹奏楽の県大会で金賞をとった実績があります。

吹奏楽部の顧問の先生からは「一人一人の技術の向上と仲間意識の大切さ」を特に強く教わったといいます。

金賞を取るほどの厳しい部活だったということなので、技術だけでなく精神的な部分もかなり鍛えられたことだったのでしょうね。

この時に教わったことはAKBでもいかされているのではないでしょうか。

♦ 中学でいじめにあう

ここまでの内容を見ると、順調に見える中学校生活ですが、中学2年のときにいじめにあったそう。

「もう学校に来ないでください。よろしくお願いします」と書いたメモがポストに入っているなどの嫌がらせをされ、学校に行くことができなくなります。

塾と自宅だけを往復する日々になったといいます。

徹子の部屋でその時のことを話していました。


このまま大分にいて高校進学したら、また同じ中学出身の子たちと過ごすことになるかも、と上京を決意。

本気でアイドルを目指し始めます。

中学では地味で目立たなかった指原さんですが、自分より年下の子たちが頑張っている姿に感動し、AKBのオーディションに応募することにしました。

最初は親に内緒で書類選考に応募。

AKBの書類選考を無事通過し、二次審査は東京に行かなくてはいけなかったので、親に話し、上京させてもらったらしいです。

そして、見事合格!上京することになりました。

このタイミングでオーディションに受かっていなかったらずっと大分にいたかもしれないと、指原さんは言っています。

どこでどう人生が変わるかわかりませんね。

でも、少なくとも自ら動いたということ。

中学の頃の指原さんは、「私の居場所はここ(大分)ではない。中学を卒業したら別の世界でばんばる」といじめをバネにしたということです。

まだ若いのに、ちゃんと今だけでなく先のことを見ていたこと、それがすごいです。

そう、自分の居場所は一つだけじゃない。今の場所でうまくいかなかったら次のステージに進めばいい。

もし、今いじめにあっている人がいたら、ぜひ指原さんを参考に頑張ってほしいと思います!

指原さんの現在の活躍の様子はこちらをどうぞ

【バラエティ女王】指原莉乃の人気の理由 レギュラー番組はいくつある?

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする