令和の新紙幣決定!旧紙幣との大きな違いは3Dが回転!?

令和になり、1カ月がたちました。

最初は違和感を感じた『令和』という元号も、今ではすっかりなじんで、いい元号になって良かったなぁと感じているかたも多いのではないでしょうか。

新元号になる少し前に、紙幣のデザインが変更になると発表もありましたね。

今回は新元号についてお伝えしていきます。

旧紙幣との大きな違い

今回の新紙幣発行には、『偽造防止を強化する』という目的があります。

具体的には、肖像の立体画像(3D)が回転する最先端のホログラム技術を採用するとのこと。

これは紙幣としては世界初の試みだそうです。

福祉面では、目の不自由な人が指先の感触で識別できるユニバーサルデザインの改善

に力を入れるそうです。

新紙幣の発行はいつから?

新紙幣の発行は、5年後の令和6年(2024年)度前半からと発表されました。

新紙幣の発行は約20年ぶり。

わくわくしますね。

新紙幣のデザイン

twitterでも意見があるように、外国の紙幣にデザインが寄った気がしますね。

色の感じとか数字の字体とか。

使い慣れれば違和感はなくなるのでしょうか・・・

スポンサーリンク

新紙幣に描かれる人物は?

新紙幣に描く人物を決定するにあたって、条件がいくつかあるようです。

■人物選定条件

①紙幣にふさわしい人物か

②精密な写真が存在するか

③日本国民が年代問わず知っている人物か

④業績が多くの人に認められているか

以上の点をクリアして、選ばれた人物が下記の3名です。

【1万円】

渋沢栄一

職業:幕臣、官僚、実業家、教育者


【5千円】

津田梅子

職業:教育者(津田塾大学創立者)

【1千円】

北里柴三郎

職業:医学者・細菌学者・教育者・実業家

正直、3名とも私は存じ上げていませんでした。

ですが『年代問わず知られている人物』という点をクリアしたことから考えると、小中学校の教科書に載っている人物なのでしょうね。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする