大人の魅力な斎藤工はモデル時代にパリコレ経験あり!多才な経歴

大人の魅力たっぷりの斎藤工さん。唇が特徴的で色っぽいですよね。

魅力的なのは容姿だけではなく、年末の「ガキ使」などバラエティにも出演したり、いろいろな方面からの魅力を見せてくれています。

どうやらパリコレに出場経験ありだそうですよ。どおりでおしゃれなイメージなはずですね。

そんな斎藤工さんのどんなモデル時代を過ごしたのでしょうか。

どんな経緯で俳優デビューしたの?

フォトグラファーや、映画監督など、多方面で活躍する斎藤工さんについて見てみましょう。

斎藤工さんのプロフィール


出典元:twitter

  • 誕生日:1981年8月22日生まれ
  • 出身:東京都
  • 星座:しし座
  • 身長184cm、体重74kg、足28cm
  • 職業:俳優、フィルムメーカー、モノクロフォトグラファー、移動映画館主催者

肩書をたくさん持っていてとても多才な方のようですね。

モデルになるきっかけ

高校生の頃、バックパッカーで海外を旅するのが趣味だった斎藤工さん。

その資金作りのためにモデルをはじめたようです。

雑誌では「MEN’S NON-NO」や「POPYE」などで活躍。国内のファッションショーやパリコレなど仕事の幅を広げていました。

このころからすでにモデルとしてパリコレに出場するほどの活躍ぶりだったんですね。


出典元:FASHION PRESS

この写真は、ヨウジヤマモト2017-18年秋冬メンズコレクション、パリ・ファッション・ウィークに出場したときのもの。

独特の雰囲気があって、かっこいいですね。

俳優になってからもモデルとしても活躍されているなんで、すごいですね。

スポンサーリンク

俳優デビュー

2001年「時の香り〜リメンバー·ミー」で俳優デビュー。

(画像をクリックするとamazonにとびます)

同映画のプロデューサーにスカウトされたのがデビューのきっかけだったようです。

その後、数多くの作品に出演。2014年7月 – 9月にはドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」に出演されていたのは記憶にも新しいですね。

2017年には阪本順治監督作品「団地」で第31回高崎映画祭最優秀助演男優賞を受賞しています。

俳優としての今後の活躍に期待大ですね。

(画像をクリックするとamazonにとびます)

俳優以外の仕事

映画監督

2012年 ショートムービー「サクライロ」で監督デビュー。

(画像をクリックするとamazonにとびます)

2014年 「半分ノ世界」がショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014 ミュージックShort部門 特別上映作品に選ばれる。

移動映画館主催者

2014年 映画館のない地域に映画を届ける移動映画館プロジェクト『cinema bird』を開始。

フォトグラファー

KinKi Kidsシングル「薔薇と太陽」(2016年7月20日リリース)のジャケット写真を担当したり雑誌「Esquire」や「FIGARO JAPON」などの表紙を飾るなど、フォトグラファーとして活躍しています。

スポンサーリンク

まとめ

斎藤工さん、スゴイですね。才能もさることながら、それを活かしてこれだけの活動をするフットワークの軽さや人脈を持っていることなど、人望の厚さもうかがえますね。

この先も多方面での活躍がとても楽しみです。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする