夏太りしやすい体質とは?食欲減退の夏に太る謎を解明!

夏太りということに焦点をあてて、どういう体質の人が夏太りしやすいのか、見ていきましょう。

夏太り

夏は食欲も落ちるし、汗をいっぱいかいて痩せるはずなのに、なぜか痩せない・・・と悩んでいる方、意外と多いのではないでしょうか。

なんと、夏太りは夏痩せの3倍にのぼるらしいです。

体質によるところが多いようで、

  • もともと太り気味で、胃腸の機能が強い人は、夏太りするタイプ
  • もともと痩せ気味で、胃腸の機能が弱い人は、夏痩せするタイプ

一般的に太っている人は胃腸の機能が強く、痩せている人は胃腸の機能が弱い傾向にあります。

太る原因としては、次のことが考えられます。

  1. 運動不足
  2. 睡眠不足
  3. 冷たいものの摂取が増える
  4. 基礎代謝の低下
1. 運動不足

汗をかくとカロリー消費していて痩せると思いがちですが、暑いときにかく汗は体温調節のためのものなので、ほとんどカロリー消費をしていません。

そのうえ、夏は少し動いただけでも汗をダラダラとかいてしまうので、なるべく汗をかかないように、体を動かさないようにしていませんか?

いつもなら歩ける距離なのに、タクシーに乗ったり、階段を歩かずにエスカレーターに乗ったり。

そういった理由から、運動不足におちいりがちです。

【対処法】

エアコンの効いた室内やスポーツクラブ、市町村の公共の体育館などを利用し、意識して適度な運動を取り入れましょう。

2. 睡眠不足

夏は、暑くて寝苦しく、何度も起きてしまうこともありますよね。

熟睡できないと、脳が興奮している状態になり、過食気味になると言われています。

【対処法】

エアコンを上手に使い、快適と感じる温度を保って寝るようにしましょう。

睡眠時間は、7時間が理想的です。

スポンサーリンク

3. 冷たいものの摂取が増える

ソーメンや冷やし中華、アイスやゼリーなど、冷たいものばかり食べていませんか?

冷たい食べ物は内臓を冷やすことになり、代謝が悪くなります。

冷たいスイーツや果物は、糖質が多く高カロリー。

胃腸が弱い人の場合は、冷たいものばかり食べるとおなかを壊してしまいますが、胃腸が強い人は、おなかを壊すことが少なく、冷たいものを多く食べる傾向があります。

【対処法】

食事はなるべく温かい食べ物を食べるように心がけましょう。

夏に食べる熱くて辛いカレーやチゲ鍋もおいしいですよね。

冷たいデザートは、食べ過ぎないよう、量を気をつけましょう。

水分補給は必要なので、冷たすぎないものを飲むようにしましょう。

4. 基礎代謝の低下

食欲がなく、ざるそばなど食事を簡単に済ませていませんか。

その上、冷たくて高カロリーなデザートなどを多く摂取することで、栄養のバランスを崩し、代謝が落ちてさらなる夏バテをまねいてしまいがち。

【対処法】

夏だからといって、食生活を変えずに、普段と変わらず、バランスの良い食事と質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

お風呂もシャワーで済まさずに、湯船につかって体の疲れを取るようにしましょう。

40℃の湯船に10分浸かり、基礎代謝を上げましょう。

まとめ

体型や体質により、夏痩せしやすいのか夏太りしやすいかの違いがあったんですね。

いずれにしても、体調を崩しやすい季節ということなので、食事や運動など、意識的に気を付けていく必要があることがわかりましたね。

コーヒーとお茶、夏太りとの関係についてはこちらもどうぞ

【コーヒーVS緑茶】夏太りするのはどっち?

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする