納豆をさらにおいしく、栄養効果を上げる食べ方5選。

ねばねばがおいしい食品の代表格、納豆。

せっかくおいしくて栄養価が高い納豆なので、無駄なくさらに恩恵を受けるような食べ方はないかなと思いませんか?

栄養いっぱいの納豆の栄養素を台無しにするNGな食べ方も気になります。

納豆の栄養効果がすごい!

栄養効果を上げる摂取方法を知るために、まずはどんな栄養効果があるかを知りましょう。

①高血圧予防にナットウキナーゼ

納豆といえば、ナットウキナーゼ。納豆のみに含まれる栄養素です。

ナットウキナーゼは、血栓を溶かす効果があると言われています。

②ダイエットや糖尿病に効果的な血糖値上昇抑制効果

納豆含まれる、ビタミンB2と食物繊維は、血糖値上昇を抑える働きがあります。

③アンチエイジングにうれしいイソフラボンが豊富

イソフラボンは、女性ホルモン『エストロゲン』に似た働きをし、女性に嬉しいアンチエイジング効果があります。

エストロゲンは、加齢とともに減少してしまい、更年期障害などのドラブルが起きる原因になりかねません。

④骨粗鬆症を予防

納豆に豊富に含まれるビタミンK2は、骨粗鬆症の予防に最適です。

納豆の消費量が多い都道府県は、骨折率が低いとの報告もあるほどです。

大豆イソフラボンも骨粗鬆症に効果を発揮するので、ダブルで効果大です。

納豆の栄養価について、詳しくはこちらをどうぞ

納豆がすごい!添加物ゼロの優良食品!美容と健康に夕飯時に1パック食べよう

スポンサーリンク

栄養効果を上げるおすすめの5つの食べ方

納豆の栄養効果をあげるおすすめの食べ方を5つご紹介します。

1. 白米と一緒に食べる

ダイエット中や糖尿病予防のために炭水化物を控えたいけど、白米が大好きで控えるなんて無理・・・というかたも少なくないはず。

そんな方に朗報なのが、ご飯と納豆を一緒に食べる、という方法です。

納豆は、ご飯と食べるときに起こる血糖値上昇を抑える働きがあります。

また、糖質を効率的に燃焼させるビタミンB1がB2が豊富に含まれているので、ダイエットにも効果的です。

パン好きの方には、納豆トーストもおススメです。

2. 加熱せずに食べる

ナットーキナーゼは、熱に弱い栄養素で、70℃以上で効果が得られなくなるといわれていますので、加熱せずにそのまま食べましょう。

炊きたての熱々ご飯は70℃以上ありますので、お茶碗によそってから5分くらい待ったあとに納豆をのせるようにするとちょうどいい温度になります。

3. 納豆は夕飯時に食べる

納豆に含まれるナットウキナーゼは、食後5〜8時間もの間、効果を発揮します。

血栓症の不安が起こりやすい深夜の時間帯に効果が発揮できるように、夕食時に納豆を食べることがおススメです。

スポンサーリンク

4. 混ぜる回数にこだわる

納豆は混ぜるほどにうまみ成分のグルタミン酸と甘み成分が増加します。

うまみのピークは約400回まぜた時だそうです。

それ以上混ぜてもうまみは変わらず、納豆の粒が壊れるだけのようです。

タレは最後に入れるのがおススメ。

納豆だけを先に混ぜることで粘りが増します。

ですが、400回混ぜるって、普通にできることじゃないですよね。

腕が疲れ過ぎてしまいます。

何回混ぜると好みの味になるか、腕の疲れ具合と自分の好きな味のバランスを見つけてみるといいですね。

5. 生卵と一緒に食べるときは気を付けて

納豆含まれる『ビオチン』というビタミンBの一種の成分。

これは、コラーゲン生成を助ける作用や頭皮の血行促進などの効果があるといわれています。

一方、生卵に含まれる『アビジン』というたんぱく質の一種の成分。

アビジンはビオチンと強く結合する性質があり、このふたつが結合してしまうとビオチンの吸収を妨げてしまいます

『ビオチン』は卵白にふくまれているので、納豆と生卵を一緒に食べるときは卵白は除外し、納豆+卵黄の組み合わせで食べるようにしましょう。

まとめ

納豆は毎日継続して食べたい食品だということがわかりましたね。

コストパフォーマンスも良い食品なので、無理なく続けられそうです。

おいしく食べて健康も保てるなんて、こんなにうれしいことはないですね。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする