愛媛県四国市のいつも燃えているお城とは?煙が出ている?ナニコレ

2019年12月15日の『ナニコレ珍百景』で

愛媛・四国中央…いつも燃えているお城

という特集があります。

いつも燃えているとはどういうことなのでしょうか?

煙が出ているということ?

早速見ていきましょう。

愛媛県四国中央市のお城

いつも燃えているお城とは、おそらく愛媛県四国中央市の川之江城(かわのえじょう)のことではないでしょうか。

出典元:twitter

川之江城は、南北朝時代から戦国時代にかけての城で、別名:仏殿城といわれています。

とっても立派なお城ですね。

お城からの眺めはとても素晴らしいです。

出典元:twitter

瀬戸内海の海に面した場所に建てられているため、海が良く見えて、気持ちがいいですね。

でも、とても燃えているようには、見えませんね。

どういうことなのでしょうか。

別の写真を見てみましょう。

出典元:twitter

ん?燃えてる?煙がすごいですね。

こんなに煙が出ているなんて相当燃えていますよね。

あれ、でも炎が見えませんね…??

よくよく調べてみると…

愛媛県四国中央市は紙の町として有名な場所。

製紙工場がたくさんあります。

出典元:twitter

たくさんの煙突から煙が出ているのがわかりますね。

これら製紙工場から出た煙が、ある角度から写真を撮ることで、まるでお城から煙が出ているかのようなに撮影をすることが出来るんです。

燃えているわけじゃなかったんですね。

安心しました~

スポンサーリンク

川之江城はどこにある?

  • 住所:〒799-0101 愛媛県四国中央市川之江町1087−4
  • 電話番号:0896-28-6187
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 休業日:月曜日(祝日の場合は翌日)/ 年末年始(12/29~1/3)
  • 料金:大人100円 / 小人(小・中学生)50円 / 団体(30名以上)個人料金の2割引
  • 駐車場:10台用のスペースあり
  • 駐車場代:無料

川之江城(仏殿城)への行き方ですが、JR四国の川之江駅から山頂まで徒歩で20分ほどのところにあります。

30分くらいあれば、ひと通り見ることが出来そうです。

まとめ

愛媛県四国中央市の燃えているお城:川之江城についてまとめましたが、いかがでしたか?

工場とお城のコラボでこんな面白い写真がとれるなんて、それもまた旅行の楽しみになりますね。

瀬戸内海の近くに建っているという立地も最高ですね。

瀬戸内海は、まだ一度も見たことがないので、一度行ってみたいです。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする