三重県民熱愛グルメ【てこね寿司】6/20秘密のケンミンSHOW伊勢志摩

6/20(木)秘密のケンミンSHOWの特集は、

【三重・伊勢志摩地方のハレの日に食べたい名物ごちそう「てこね寿司」登場!】

てこね寿司は日本各地にあるようですが、伊勢志摩地方のてこね寿司はどのようなものなのでしょうか。

まとめてみました。

伊勢志摩のてこね寿司

カツオやマグロマなどの赤身の魚を漬けにして、寿司飯と合わせて食べるちらしずしです。

大葉や海苔、ショウガやわさびなど、好みのものをトッピングすれば、より刺身の味が際立って、お箸が止まりません!

実はこの料理、志摩町和具(志摩市)の漁師が漁の合間に食べたことが始まりだそうです。

漁の合間の時間がない中で、ぱっと食べられるものとして、カツオを千切りにして醤油煮付け、ご飯に手で混ぜて食べたのがはじまりです。

だから、てこね寿司というネーミングになったんですね。納得です!

昭和20年代までは、寿司飯の上に漬けの魚を乗せるだけでしたが、昭和30年代以降になってから、海苔などのトッピングを乗せるようになりました。

そうですよね、漁師が忙しい中船の上でトッピングは出来ないですもんね。

一般的に食べられるようになってから、トッピングがされるようになったということなのでしょうね。

昭和40年代、観光客向けの郷土料理として伊勢市にも広まりました。

こうして、伊勢志摩を代表する郷土料理として伊勢うどんと共にその名を広めることになります。

スポンサーリンク

伊勢志摩まで行けない方は通販あります

手こね寿司 セット 2合用×2個 伊勢志摩 郷土料理 かつおのてこね寿司 三重県 特産品 MEG 冷凍

冷凍で届くので、簡単に食べられます。

忘年会 目録 景品 【かつお・びんトロの手こね寿司】 A3パネル付き 目録 景品 二次会 目録 景品 二次会 目録 景品 ビンゴ 目録 景品 イベント 景品と使い方は自由

A3サイズの目録付きなので、景品としていかがですか?

カツオとびんトロのてこね寿司です。

レシピ紹介

家でも簡単に作れます。

Cpicon 簡単!激旨!てこね寿司 by 居酒屋よろすの備忘録

【材料】
ご飯・・・1合
鰹 or 鮪・・・170g
しらす・・・20g
大葉・・・10枚
刻み海苔・・・お好きなだけ
ごま・・・お好きなだけ
刻みネギ・・・お好きなだけ
■ 漬け汁
醤油・・・100cc
★砂糖・・・小さじ2
★昆布茶(粉末)・・・付属のさじで1
■ 寿司酢
☆酢・・・大さじ1と1/2
☆砂糖・・・小さじ1/2
漬け汁・・・小さじ2
  1. 鍋に★を入れて沸騰させます。
  2. 沸騰したら火を消して冷まします。
  3. ☆に2で冷ました漬け汁小さじ2を合わせておきます。
  4. 炊き上がったご飯に3の寿司酢を入れてよく混ぜます。
  5. 混ぜ終わったら大葉としらすを入れてさらに混ぜます。
  6. 全体的に混ざったら放置して荒熱をとります。
  7. 冷ました漬け汁にお刺身を入れます。
  8. キッチンペーパを被せると、少量の漬け汁でも上手に漬けられます。
    漬け時間は5分~10分くらいでOKです。
  9. ご飯を器に盛ったら海苔をちらします。
  10. お刺身を乗せます。
  11. ごまを振ってネギを乗せたら完成です。

7の漬け汁は完全にさめていないとお刺身が傷みますので、2までは数時間前までに作って冷蔵庫にいれて冷やしておくといいですね。

青は漬け汁に関する調理緑は寿司飯に関する調理です。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする