菊池桃子の政界進出はいつから?は政治家に転身?現在の活動など

2019年11月4日に、エリート官僚の新原浩郎(にいはら ひろあき)さんと再婚することを発表した菊池桃子さん。

二人の出会いは、『一億総活躍国民会議』で、ということですが、菊池桃子さんって政治家に転身したんでしたっけ?

官僚と出会うなんて、菊池桃子さんはどんな活動をしているの?

菊池桃子さんの現在の職業や活動などが気になったので、調べてみました。

政界に興味を持ったきっかけ

菊池桃子さんの娘さんは、生後7か月の時に脳梗塞になり、左手足に障害が残ってしまいました。

娘さんは小学校時代、他の子同じようにできないことへのストレスでたびたび体調を崩したそうです。

その時、菊池桃子さんは「障害を持った子の教育相談ができる場所が少ない」とつらい経験をしたことから、障害を持った人が安心して暮らせる社会作りの必要性を感じ、40歳の時に法政大学の大学院に入学し勉強を始めました。

そして、2012年3月、 法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻修士課程修了、修士号(政策学)取得されました。

菊池桃子さんはとっても努力家ですね。

お子さん二人を抱え、勉強をするなんて、並大抵の努力ではなかったと思います。

障害のある子育てをしてきたことで、そういった環境にある家族が困らない社会を作っていきたいとの思いから、政治を勉強し始めたんですね。

素晴らしい行動力です!

菊池桃子さんが勉強していた、「政策創造研究科」ってどんなところなのでしょうね。

【政策創造研究科】

日本の大学院研究科のうち、政策学に関し、高度知識社会における国際的な視野のもとで、知的資源を活用して具体的に政策を形成し、課題を解決する政策創造能力の養成を目的として、高度な教育・研究を行う機構の1つである。(参考:wikipedia)

難しすぎます…(汗)

政治に関して勉強したことには間違いありませんね。

政界進出はいつから?

法政大学を卒業後の2012年8月、母校・戸板女子短期大学の客員教授に就任しました。

現在も、キャリア教育の講義を担当しています。

こちらの活動は政治というよりは文化人としての活動ですね。

翌年の2013年4月に発足したNPO法人「キャリア権推進ネットワーク」の理事に就任しました。

これは、労働者が自分の働き方を主体的に選べる「キャリア権」の普及を目指すNPO法人だそうです。

なんだか、気になる活動ですね。

私たちの生活の身近にある問題という気がしてなりません。

気になる方は、NPO法人「キャリア権推進ネットワーク」の公式HPを見てみてください。

2015年10月、「一億総活躍国民会議」の民間議員に起用されました。

この活動で、再婚相手の新原浩郎さんと出会ったんでしたよね。

こう見ると、菊池桃子さんは、政治的活動をされているので、政治家と言ってもよいと思われます。

選挙に立候補した、とかそういうことではないので、いつから政治家になったのかという判断はなかなか難しいですね。

現在の活動は?

NPO法人「キャリア権推進ネットワーク」の活動や、戸板女子短期大学の客員教授は今も続けられているようです。

そんな中、音楽活動をしたり、ドラマに出演したりと芸能活動もされています。

超多忙でしょうね~

毎日充実してそうで、うらやましいですね。

まとめ

菊池桃子さんの政治的活動についてまとめましたがいかがでしたか?

わかったことは

  • 菊池桃子さんは努力家
  • 一度目の離婚後から運が上昇し、素晴らしい活躍をしている

ということではないでしょうか。

エリート官僚の旦那様に支えられながら、ますますのご活躍を楽しみにしています。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする