菊池桃子の娘は病気で障害児?自身も死産や難病などに苦しんだ日々

11月4日、再婚を発表したことを発表した菊池桃子さん。

お相手は、新原浩郎(にいはら ひろあき)さんという超エリート官僚。

現在51歳の菊池桃子さんですが、50歳過ぎてこんな素敵な方と出会えるなんて、シンデレラストーリーですね。

中年独身女性の希望の星になったのではないでしょうか。

そんな菊池桃子さんは、前の夫との間にお子さんが二人いて、娘さんは病気が原因で障害を持っているということを公表されています。

菊池桃子さん自身も、死産や難病など、体調不良で苦しんだ日々があったようです。

今回は、

『菊池桃子の娘は病気で障害児?自身も死産や難病などに苦しんだ日々』

と題して、菊池桃子さんについてまとめました。

死産していた

菊池桃子さんは、前の夫・元プロゴルファーの西川哲さんとの間にお子さんがいます。

1996年には男の子(現在23歳を出産

その後、第二子を妊娠しましたが、妊娠後期になって、お腹の赤ちゃんに重い心臓病があることが分かりました。

無事に出産することが出来れば、手術をして助けられる可能性があるということでしたが、残念なことに、死産してしまいます。

菊池桃子さんはこの時の気持ちを

「子供が病気を持ったならば、お母さんとして闘おうとと考えた時期があった」

と話しています。

菊池桃子の娘は病気で障害児?

そしてその後、2001年女の子(現在18歳)を出産しましたが、生後7か月の時に、脳梗塞を患い、左手足に麻痺が残るという障害が残ってしまいます。

脳梗塞というと、中年から高齢者に起こる病気だと思っていましたが、赤ちゃんがかかってしまうこともあるんですね。

原因はわからないようですが、病気を発症したときは、とても大変だったことだと思います。

菊池桃子さんは、その時の気持ちを

「私がサポートしていこう。泣いている場合じゃない」

と決意したといいます。

母強しですね。

左手足に麻痺が残るものの、幼稚園に入ることには普通に歩けるようにまで成長したといいます。

さらに、娘さんは、小学校受験をし、有名私立小学校に入学することが出来ました。

小学校名は明かしていないようで、調べてもわかりませんでした。

娘さんは、小学校生活では、みんなと同じようにできないというジレンマを感じ、円形脱毛症や過呼吸に悩まされたそうです。

そして、特別支援学校への転向を余儀なくされてしまいます。

特別支援学校は、娘さんにとって勉強に物足りなさがありました。

そんなことから、私立中学受験に挑むことを決意します。

娘さんもお母さんに似てしっかりしていて頑張り屋さんのようですね。

ですが、そこでも試練が待っていました。

中学受験の条件に、

「心身ともに健全なもの」

という文言があったのです。

この言葉を聞いて、胸が締め付けられるようなつらい思いをしたようです。

今の日本では、障害者が健常者のように勉強したり生活したりできる社会になっていないということを痛感してしまいます。

そんな困難をのりこえて見事、私立中学校に合格し、入学することになりました。

いろいろな情報をもとに調べたところ、おそらく跡見学園中学校ではないかと思います。

伝統のあるお嬢様学校として有名な学校。

跡見学園は日本人が設立した私立の女子校としては最古の学校と言われています。

跡見学園中学校は、偏差値46~52

中程度といったところですね。

跡見学園中学校は、中高一貫高校。

現在高校3年生の娘さんは、跡見学園高校に通われているものと思われます。

菊池桃子さんはシングルマザーとしての苦悩や葛藤の日々をつづった本をしゅっぱんされています。

スポンサーリンク

菊池桃子さんの難病

菊池桃子さんは、シェーグレン症候群を患っていることを告白されています。

シェーグレン症候群は自分の体の組織に対して過剰な免疫反応が働いて、正常な組織を攻撃するためにさまざまな 症状が発症する、全身型の自己免疫疾患です。
発症の原因は完全に解明されているわけではありませんがシェーグレン症候群の方の体内では、 特徴的な自己抗体(異物への対抗物質)が作られることから、免疫システムの異常があると考えられています。

症状としては

  • ドライアイ
  • ドライマウス
  • 関節痛がある
  • 体がだるい

など、疲れかな?と流してしまいそうな症状のようです。

病名がわかるまでは、本人としてはとてもつらい日々だったことでしょうね。

シェーグレン症候群は、40~60歳の女性に発症例が多い免疫疾患だそうです。

菊池桃子さんは、早期発見・早期治療だったことで今は、仕事には支障をきたしていないようです。

ですが完治は難しい病気とのこと。

ストレスをためないことが一番なのかもしれませんね。

前の夫・西川哲さんとの結婚生活は女性問題は金銭問題・育児放棄などがあったようで、すべての負担が菊池桃子さんに乗っかってしまったのでしょうね。

離婚されてスッキリしたことでしょうね。

離婚や元旦那についての関連記事はこちら

菊池桃子さんが11月4日に再婚したことを発表しました。 お相手は、新原浩郎(にいはら ひろあき)さんという超エリート官...

まとめ

菊池桃子さんは数々の苦難を乗り越え、強くたくましく美しく年を重ねてきたようですね。

おさらいしましょう。

  • 菊池桃子さんの娘さんは、脳梗塞で左手足の麻痺が残っている
  • 菊池桃子さんは、シェーグレン症候群という難病を患っている

再婚したばかりなのですが、再婚には、娘さんの後押しがあったといいます。

きっと今までたくさんお母さんに支えられ助けてもらったことをお母さんにとても感謝しているのでしょうね。

今度こそ、お母さんに幸せになって欲しいという願いから、再婚を応援しているのではないでしょうか。

うれしいですね。

本当に、お幸せに!

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする