雛人形ママのお下がりでもいい?次女のときも新しいものを買う?

娘が生まれて、初節句を迎えるときには「ひな人形を買わなくちゃ」とおじいちゃんおばあちゃんも含めて大騒ぎになりますよね。

ひな人形って娘が生まれたら新しく購入しなくてはいけないという話を聞いたことがあります。

大切に取っておいてあったママのお下がりじゃ、だめなのでしょうか?

二人目も女の子が生まれた場合、また新しく購入しなくちゃいけないのでしょうか。

気になったので、調べてみました。

ひな人形を飾る意味

平安時代、人形(ひとがた)を体になでて身の穢れ(けがれ)を人形にうつし、それを水に流して清める「流し雛」が行われていました。

この「流し雛」と「ひいな遊び」と呼ばれていた女の子のお人形遊びが重なり、「ひな祭り」という女の子の節句となりました。

江戸時代に入り、人形は華美で贅沢なものになり、一生の災厄を引き受けるものとの役割として家の中に「飾る」ものへと変わっていきました。

そして、ひな祭りには女の子の健やかな成長と幸せを願いひな人形を飾る日となりました。

お下がりはだめ?

なぜ、お下がりがだめといわれているのでしょうか。

それには諸説あるようです。

・「子どもに降りかかる一生の災厄を引き受けるもので大人になるとその屋役目が終わる」と言われているので親のお下がりだとその役目を終えた人形ということになる

・人形屋さんが一つでも多く販売するための販促として広めた話である

いろいろ説があるとなると、どれも信憑性があるようなないような、わからなくなってきますね。

1人に1体用意する?

「災厄を引き受けるもの」という理由から、1人1体が好ましいと言われています。

ですが、これも人形屋さんの販促かもしれませんね。

1体の人形がふたりの災厄を引き受けてくれるとも考えられますし・・・

結局どうする?

結局のところ、どう考えるかはその方次第。

決まりはないということになります。

ご夫婦や祖父母等のご家族とよく話し合って決めていけばいいということになります。

雛人形は金額的にもお高いですし、飾るとなると場所も必要になります。

娘が3人いて3体用意できるご家庭はなかなかないですよね。

雛人形を並べて飾ること自体はもちろん可能なので、お金と場所が許されるのであれば、リビングにママの嫁入り道具のひな人形と娘の人数分のひな人形を飾るのもよし、それぞれの子ども部屋に飾るのもよし。

たとえば、長女には「内裏雛」、次女には「つるし雛」と違った人形を飾るのも楽しいですね。

そう考えたら、なんだか気が楽になりましたね。

まとめ

昔からの伝統行事のひな祭り。

雛人形の用意の仕方にはきちんとした決まりにそってやらないといけないかと思いましたが、ご家庭それぞれの事情でいいとわかり、ホッとしましたね。

ひな人形、面倒くさがらずにキチンと飾ろうと思います。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする