ノラちゃんのガーはどこへ?たこのぬいぐるみが行方不明8/1帰国予定

日本旅行に来た、3歳の女の子ノラちゃんの大切なたこぬいぐるみのガーが行方不明です!!

スペインから日本に旅行に来たノラちゃん一家。

ノラちゃんは大切なたこのぬいぐるみの「ガー」を連れて旅をしていました。

神田明神でガーと写真を撮ったのを最後に、ガーが行方不明になってしまったそうなんです!

このことがツイッター上でも話題になり、7/30の『スッキリ』でも取り上げられました。

「ガー」とは?

このツイッターの写真は、7/22に東京の神田明神で撮った写真です。

がーを落とす前に撮った最後の写真です。

ノラちゃん家族は初めて日本を訪れたそうです。

ガーは、ノラちゃんが生まれる前、お父さんとお母さんが新婚旅行で買った大切なぬいぐるみ。

ノラちゃんが生まれる前からノラちゃん一家にあったということになります。

青のたこ、という斬新なデザインが魅力的ですよね。

すっごくかわいい!!

ノラちゃんのご両親が、一目ぼれして買ったというのがよくわかります!

思い出がたくさん詰まっている大切なぬいぐるみなんでしょうね。

ガーの特徴や落し物の探し方については、こちらに詳しく掲載があります。

たこのぬいぐるみのガーの特徴公開!落し物の見つけ方3つのポイント

ノラちゃんが生まれてからは、いつも旅行に連れて行き、ノラちゃんとガーとの旅の思い出の写真はたくさんあるようです。

ノラちゃん一家の足取り

ガーをどこでなくしたのかは、はっきりわからないそうですが、最後にガーがあったことが確実にわかっているのは、神田明神で写真を撮った時までだそうです。

神田明神で、ガーとの最後の写真を撮った後のノラちゃん一家の足取りを追ってみましょう。

湯島天満宮

神田明神で写真を撮った後、湯島天満宮へ行きました。

ですが、スッキリ取材班の話によると、ぬいぐるみの落し物は届いていないということです。

アメ横

湯島天満宮のあと、アメ横に向かいました。

アメ横は人がたくさんいて、ごちゃごちゃしているので、ここで落としても気付きにくいですよね…

不忍池

アメ横の次は不忍池に向かいました。

そこで、雨が降り始めたそうです。

時間は、夜7時30分ごろ。

ノラちゃんのベビーカーに雨避けが付いていたので、それを広げたそうです。

その拍子に落ちたのかもしれない、とお母さんは話していました。

やりがちですよね…

わたしも、こどものベルトを落としてしまったことがあります(涙)

スポンサーリンク

落としたと気付いたのは夕食後

不忍池の近くのレストランで夕食をとったノラちゃん一家。

ガー(ぬいぐるみ)がいない、と気付いたのは夕食後だそうです。

宿に戻ろうとして、地下鉄の駅に向かう時にガー(ぬいぐるみ)がないことに気付きました。

そして、ぬいぐるみを探しに不忍池がある上野恩賜公園(上野公園)に戻り、ありそうなところを探しましたが、見つかりませんでした。

地図で確認

神田明神→湯島天満宮→アメ横→不忍池

の距離関係を地図で見てみましょう。

実際にノラちゃん一家がこの道を通ったかはわかりませんが、位置関係はこれでわかっていただけるかと思います。

警察に遺失届を提出

後日、警察に行って遺失届を提出したということです。

この投稿を拡散した漫画家の瀧波ユカリさん

この投稿を偶然見かけたのは、札幌在住の漫画家の瀧波ユカリさん

瀧波ユカリさんは、たこのぬいぐるみが好きで検索していたらたまたまこの投稿を見かけたそうです。

瀧波ユカリさんにも娘がいて、小さな女の子がぬいぐるみをなくすというのはすごく悲しいことだと思ったといいます。

日本の旅を悲しい思い出にして欲しくない、という思いから、SNSを通じて、ノラちゃんの父親と連絡を取り、なくした時の状況を聞いてそれを日本語で投稿すると一日で4万回以上の拡散がある大きな影響がありました。

これを聞いた日本人は、実際に捜索に出かけた人もいるほどです。

まとめ

ノラちゃんは落ち込んでいるかと思いきや、日本が気に入って、おばあちゃんに「日本に住みたい!」と言っているほどだそうです。

日本旅行が悲しい思い出だけにならなくて、ホッとしましたね。

8/1に帰国するということです。

それまでに見つかるといいですね。

もし見つけた方は、警察に届けましょう。

見つかることをお祈りします!!

ガーの特徴や落し物の探し方については、こちらに詳しく掲載があります。

たこのぬいぐるみのガーの特徴公開!落し物の見つけ方3つのポイント

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする