埼玉県秩父の超高級きゅうりを育てる20代農業女子!6/23【ザ!鉄腕!DASH!!】

2019年6月23日(日)19時~放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』では、「出張DASH村~キュウリ」の特集が放送されます。

何やら、秩父の高級きゅうりが特集されるようですよ。

しかも、20代の女の子がその高級きゅうりをせっせと作っているようなんです。

なんとも気になる内容ですね。

【番組内容】

松岡&井ノ原の同級生コンビは埼玉県・秩父の農家さんへ。
そこには1本80円という超高級キュウリの畑が!
しかも、育てているのは“あのスター”に憧れる20代の女の子で…

気になって仕方なかったので、調べてみました。

高級きゅうり「秩父きゅうり」


出典元:JAちちぶ

埼玉県秩父市にあるJAちちぶ。

JAちちぶでは埼玉県ブランド「秩父きゅうり」という高級きゅうりの生産を行っています。

「秩父きゅうりは」県産ブランド推進品目になっていて、JAちちぶの主力農産物のひとつです。

秩父きゅうりは、張りと艶があり、歯ごたえもしっかりしているのが特徴。

そのまま、味噌やマヨネーズなどを付けてポリポリといただきたいですね。

市場流通が少なく、希少価値の高いきゅうりだそうです。

そう言われると、ますます食べてみたくなりますね。

JAちちぶでは、秩父きゅうり出荷者を対象に、意識や品質の向上、規格の統一などの内容の講習会を開くなど、ブランド力を高める努力を積極的に行っています。

「秩父きゅうり」はブランド品として、ファンもついているそうです。

秩父の方がここまで自信を持って生産している「秩父きゅうり」食べてみたいですね。

講習会の様子

出典元:JAちちぶ

スポンサーリンク

JA秩父の20代農業女子!

JAちちぶに20代の農業女子がいます。

高校卒業後、熊谷市の農業大学校・野菜学科・施設栽培専攻で2年間、実践的な農産物の栽培を学んだそうです。

JAちちぶのHPによると、「母や叔母が経営する農園で、家族らと農業経営をしていく計画。野菜の栽培管理が好きなこともあり、管理の担当をし、キュウリやトマトの施設栽培を主に、露地野菜の栽培を担う予定です。(参考:JAちちぶHP)」とのこと。

秩父きゅうりの栽培に励んでいるそうです。

市場流通が少ないとのことなので、こういった若い生産者にどんどん増えていただきたいですね。

目標は、多くの人においしいと言ってもらえる野菜を作り、農家レストランを出店することだそうです。

素敵な夢ですね。

出店したら、食べに行ってみたいです!

かっぱのサイダー!?


出典元:JAちちぶ

なんと秩父きゅうりを原材料に使ったサイダー『カッパのサイダー』というものがあるそうです。

サイダーに使われる水は、平成の名水百選にも選ばれている湧水の「毘沙門水(びしゃもんすい)」。


出典元:http://www.pref.saitama.lg.jp/chokotabi-saitama/spot/sp869.html

毘沙門水とは、埼玉の奥座敷、小鹿野町の白石山麓から湧き出る名水です。

カルシウム分とミネラル分豊富な自然水。

毘沙門様が見守る聖地から湧き出す神秘的な水で、渇水期も絶えることはなく、神の水とも呼ばれているそうです。

そんな二つが合わさってできた、『かっぱのサイダー』は、少し強めの炭酸で爽やかなのど越しだそうです。

少し塩気があり、甘さは控えめ。

暑い日にキリッと冷やして飲みたいですね。

200ml250円(税抜き)。

道の駅みなの皆野農産物直売所やJA秩父農産物直売所で販売していたそうですが、現在取り扱いがあるかは不明です。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする