【チョコレートの保管方法】冷蔵庫に入れる?入れない?

みなさんチョコレートっての保管方法で迷うことありますよね。

特に夏は冷蔵庫にいれたほうがいいのかなぁとか。

バレンタインでもらった手作りチョコは冷蔵庫に入れた方がいいのいいかなぁとか。

冷蔵庫に入れたら白っぽくなって硬くなった、という経験ありません?

せっかくのチョコレート、最後までおいしく食べたいですよね。

チョコレートをおいしく食べる為の保管方法についてまとめました。

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

チョコレートが喜ぶ保管温度

チョコレートは、急激な温度変化を嫌います。

温度変化だけでなく、極端に暑い場所や極端に寒い場所も苦手。

温度変化の激しい車の中や室内の直射日光は避け、高温多湿の場所には置かないようにしましょう。

種類別のベストな保存温度は下記の通りです。

板チョコ・・・20℃以下

 生チョコ・・・10℃以下

ボンボンショコラ(中にクリームなどが入った一口サイズのチョコ)・・・16℃以下

冷蔵庫に入れる?入れない?

前章でも記述した通り、チョコレートは温度変化が苦手なので、必ずしも冷蔵庫保存が必要なわけではありません。

夏の暑い時期や冬でも暖房をつける場合はなどは必要に応じて冷蔵庫に入れることも必要になってきます。

冷蔵庫に入れる場合は、少し温度が高めに設定されている野菜室が最適です。

冷蔵庫保存する場合はチョコレートをアルミ箔で包みジップロックに入れると匂いがつかなくて安心です。

食べる30分前には常温に戻すとおいしく食べられます。

チョコレートがアルミ箔に包まれているわけ

市販の板チョコはアルミ箔に包まれていますよね。

それにはちゃんと理由があるんです。

・光に弱い

・強い香りがあるため虫がつきやすい

・湿気から守る

これらの外敵から遮断するためにアルミ箔に包まれていたんですね。

比較的賞味期限が長い板チョコ。板チョコは生クリームなどの水分が入っていないため長期保存が可能なものが多いのです。長期保存するには保管方法をキチンと守りましょう。

チョコレートの賞味期限

チョコレートの賞味期限は商品によってかわってきます。

板チョコは比較的長期間(2年くらいのものもある)保管ができますが、いずれにしてもパッケージの賞味期限をまもりましょう。

手作りチョコなどは、2~3日中には食べたほうがよさそうです。

チョコレートが白なっちゃうことがあるけど、どうして?

チョコレートが白くなる現象を「ブルーム」といいます。

これは、チョコレートの成分が変わってしまい、表面が変質した状態になった場合に起こります。食べても問題はありませんが味が落ちていることがあります。

まとめ

アルミ箔で包まれているのには理由があったんですね。小さいころからそれが当たり前だったので、考えたこともありませんでした。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする