◇洋裁の基本テクニック

生地の取り扱い方法

冬用手作りマスクの暖かい生地と素材の選び方!布の特徴とおすすめの生地紹介

冬用マスクの暖かい生地の選び方とおすすめは?厳選素材ランキングでご紹介! 夏も終わり、涼しくなってくると、おしゃれしたくなりません? 秋冬になるにつれて、おしゃれアイテムを買いに行きたくなります。 マスクが必須の今...
縫い方など

二本どりの縫い方!きれいな玉結びの作り方と絡みにくい縫い方。一本どりとの違い

手縫いをする時、『一本どり』や『二本どり』という言葉が出てくること、ありますよね。 二つの違いと、二本取りで縫う時のコツ【きれいな玉結びの作り方と絡みにくい縫い方】もご紹介します。 スポンサーリンク ...
縫い方など

手縫いで糸が絡まない方法!結ばれる-撚れるの解決方法は意外と簡単!コツはコレ!

手縫いをしていると、糸が絡まること、結構ありますよね。 絡まって、結び目ができちゃったり、撚りがほぐれちゃったり・・・ あと少しで縫い終わるのに、そんな時に変なところに結び目ができたりすると発狂したくなります(涙) ...
洋裁の道具

裁縫の針の捨て方は?不要な縫い針待ち針ミシン針の処分方法と針供養

折れた針や曲がった針を捨てるとき、捨て方に迷いますよね。 そのまま捨てたら危ないし、何かの容器に入れて捨てたらいいのかな、なんて考えちゃいますね。 ここでは、不要な縫い針・待ち針・ミシン針など、お裁縫の針の捨て方...
洋裁の道具

ミシン針の太さと種類の選び方!針の状態チェック・交換時期

キレイな作品を作るには、針選びがとっても重要。 生地に合った針を選び、傷んでいないきれいな針を使うということが何より大事です。 ミシン針には、たくさんの種類があります。 ここではミシン針の太さと種類...
型紙・裁断・印付けなど

縫い代付き型紙の作り方!縫い代なしの型紙との使い分けと効率的な方法

市販の型紙を使う時は、型紙をまずハトロン紙などに書き写し、それを型紙を布に置いて、出来上がり線を写し、そこに縫い代を定規ではかって書き込むという方法をとるのが一般的です。 市販の型紙には縫い代はついていませんが、一つの...
生地の取り扱い方法

生地の耳って何?耳は使う?使わない?耳で表裏を見分けることができる!

生地の耳って、お裁縫を始めると良く聞く言葉です。 生地の耳って何?どの部分なのかな。 耳は使う?使わない? さらに、耳で生地の表裏を見分けることができる場合もある? 早速、生地の耳について見て...
型紙・裁断・印付けなど

洋裁の「生地をわで裁断する」って何?

洋裁の本や型紙などに「『わ』で裁断する」という言葉がでてくることがありますよね。 わってなんだろう? そんな方のために、今回は「わ」についてお話していきます。 スポンサーリンク (adsb...
型紙・裁断・印付けなど

差し込みで裁断ができる生地とできない生地の違いや型紙の配置について

「差し込み」とか「差し込む」「入れ込む」など、型紙の配置について出てくる言葉です。 型紙の配置は、生地の柄によってずいぶん変わってきます。 差し込みができる生地ができない生地かによって、用意する生地の尺も変わってきます。...
型紙・裁断・印付けなど

型紙に書いてある矢印って何?布の方向を表す布目線について

洋裁の本屋やHPなどから型紙を入手して使うことって多いと思いますが、たいていの型紙には矢印が描いてあることをご存じですか? あの矢印にはちゃんと意味があるんです。 今回は、型紙に描いていある矢印の意味につ...
タイトルとURLをコピーしました