オーストラリアの山火事(森林火災)原因は?なぜ被害が広がるのか理由を調査

オーストラリアの山火事の被害規模が拡大しています。

2019年9月から、現在もなお、燃え広がっている状況で、多くの方が避難を余儀なくされています。

なぜ山火事が起こってしまったのでしょうか?

山火事(森林火災)の原因被害拡大の理由を調査してみました。

オーストラリアの山火事(森林火災)が長期間にわたって燃え広がっており、今後も被害が拡大するのではないかということが話題になっています。 ...

オーストラリアの山火事の原因とは

2019年9月から長期間にわたり火災が続いていて、いまだ鎮火のめどはたっていません。

なぜこんなに大規模な火災になってしまったのでしょうか。

その火事の原因は大きく2つに分けられます。

  • 人為的な要因ではなく自然発火によるもの
  • 放火などの人為的なもの

それぞれ、詳しく見ていきましょう!

自然現象による出火原因

砂漠性気候

日本の20倍以上もの広大な土地のオーストラリアは、地域により、気候が違います。

特に大陸の中心部には砂漠があり、木も何もないカラッカラの砂漠性気候の地域もあります。

そう、オーストラリアは日本とは比べ物にならないくらい乾燥している国なんです。

さらにこのところの地球温暖化で、温度が上昇すればするほどに乾燥も進み、乾燥することで、発火しやすい状況を作り出してしまうという訳です。

日本の冬も乾燥がひどくなる季節なので、他人ごとではないですね。

もはやオーストラリアだけでなく、地球全体の問題とみて考えた方がよさそうです。

ユーカリの葉は燃えやすい

オーストラリアと言えば、野生のコアラが生息していることで有名です。

コアラの言えばユーカリ

ユーカリの木はオーストラリアの森の4分の3を占めるほどです。

ユーカリの木は公園などあちらこちらにあるそうです。

葉を揉み揉みすると、あのユーカリ特有の良い香りがするんですよね~

ユーカリの葉の香りはアロマオイルにもあるほど人気の香りです。

ですが、このユーカリの葉が問題なんです。

実はユーカリの葉は燃えやすいと言われています。

ユーカリの葉は『テルペン』という物質放出しています。

テルペンは、気温が高くなると放出する量が増えるという性質があります。

気温が高くなる夏は、テルペン法質量が増え、ユーカリある森はテルペン濃度が高くなります。

さらにテルペンは引火性。

夏の強い太陽の直射日光によりユーカリの葉が熱くなることで、ユーカリの葉は自然発火を引き起こし、燃え広がりやすくなるということなんです。

落雷

オーストラリアの特徴として、空気が乾燥していること、ユーカリの葉が燃えやすいこと、を挙げました。

そこに落雷が起こるとたちまち火災が発生し燃え広がりやすい、という状況になります。

落雷により、送電線などから発火し、それが木々に燃え広がるということも考えられます。

人為的な出火原因

今回の山火事(森林火災)で、

「200人近くが放火によって逮捕された」

という情報がSNSで拡散されました。

え?200人も逮捕?かなりビックリな情報ですよね。

これについては、結論から言うと

不正確 正確な部分と不正確な部分が混じっていて、全体として正確性が欠如している。

ということだそうです。

ちょっとホッとしましたね。

ではなぜそんな噂がたったのでしょうか。

『火のない所に煙は立たぬ』ということわざもあるように、放火があったという事実は存在するようです。

2019年11月8日以降、

183人が放火等の森林火災に関わる罪で法的措置が行われた

という発表がありました。(1月6日、ニューサウスウェールズ州・警察当局発表)

しかも、183人のうち、40人は少年だそうです。

内容の詳細は、

  • 放火など故意に火をつけた…24人
  • 火気厳禁区域での火気使用…53人
  • 火のついたタバコの不始末…47人

他の州でも似たような件が何件もあり、放火や火気禁止令違反が起きていることは間違いないようです。

それに便乗したのか、SNS上で

「逮捕された98人が環境活動家」

という噂が飛び交いました。

こちらに関しては、何の根拠もない偽の情報のようです。

事実が捻じ曲げられて間違った情報が拡散してしまうのは悲しいですね。

スポンサーリンク

被害が広がる理由

火災が発生する理由はわかりましたが、ではなぜ被害が収まるどころか広がってしまうのでしょうか。

様々な理由が考えらますが、その中でも、

火災が発生する理由の悪循環

火災積雲の発生

について見ていきます。

火災が発生する理由の悪循環

火災が発生する理由の悪循環由とは、火災が発生する理由がいくつも重なって、連鎖してしまうという悪循環のことです。

空気が乾燥している

    ↓

ユーカリの木が多く、ユーカリの葉は燃えやすい

    ↓

夏の暑い日差しがユーカリの葉を熱くし、ユーカリの葉が放出する引火性物質のテルペンが発火する

    ↓

空気が乾燥している&ユーカリの葉は燃えやすいので燃え広がりやすい

この連鎖で消火活動が追い付かないほどに燃え広がってしまうんですね。

火災積雲の発生

つい先日、火災による気温上昇が起こったというニュースがありました。

一部の地域では、火災により更なる乾燥と温度上昇が起き、1月4日には、ビクトリア州カブラムーラで最高気温69.8℃を記録。

午後4時9分までは32.5℃だった気温が、4時22分には50.9℃に急激に上昇。

4時30分には69.8℃まで上昇しました。

この時点で、36m/sという台風のような暴風が吹いていました。

さらに。カブラムーラ付近では、「火災積雲」と呼ばれる上記の図のような巨大な雲が発生していました。

火災積雲が発生する仕組み

出典元: オーストラリア気象局

こちらは、火災積乱雲により森林火災が発生する仕組みを表した図です。

①Smoke plume

火災や火山活動によって急速に暖められた空気、大気中の水蒸気、燃えた植物などから生じる水蒸気が、灰の粉塵に凝結して煙となり上昇

②Plume cools→③Cloud

煙が冷えて雲になる。

④Thunderstorm

雷雨が発生。

⑤Downburst

下降気流。これが地面に衝突した際に四方に広がる風が災害を起こすほど強いものをいう。

⑥Ligthning

落雷や稲妻が発生。

火災積雲の中でも「火災積乱雲」というものがあり、これは、特に発達した火災積雲で、雷や下降気流が起こるものをいいます。

雲が発生することで雨が降り、火災を鎮火に導くという利点がありますが、火災積乱雲の場合は恐ろしい雲であるということがわかりますね。

ビクトリア州カブラムーラの約70℃の気温を記録したものは、火災積雲による下降気流が起こったのではないかと考えられますね。

このように、火災積乱雲が発生することで、さらに今後も被害が拡大するということが考えられそうです。

まとめ

オーストラリアの山火事(森林火災)原因は?なぜ被害が広がるのか理由を調査

についてまとめましたがいかがでしたか?

今回のオーストラリアの大規模森林火災は地球温暖化も大きく影響していることなので、オーストラリアだけの問題ではなく、地球規模の問題としてとらえた方がよさそうですね。

昔、氷河期があったように、これからは火の時代がやってくるかもしれないとも言われています。

今後あちこちで山火事が起きないよう、良い対策がなされることを切に願います。

画像出典元:twitter

オーストラリアの山火事の関連記事はこちら

オーストラリアの山火事(森林火災)が長期間にわたって燃え広がっており、今後も被害が拡大するのではないかということが話題になっています。 ...

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする