2019年4月広瀬すずヒロイン主演の朝ドラ どんな話なのか気になる~

2019年4月スタート(9月まで 全156回放送予定)のNHK朝の連続テレビ小説『夏空ーなつぞらー』は、広瀬すずさんがヒロイン役を務めることになりましたね。


今回は記念すべき100回目の作品ということもあり、いつもならヒロインに新人を起用することが多いところ、20歳にして大女優の広瀬すずさんを大抜擢したという辺りからもNHKの本気度がうかがえますね。

NHK側は

遠大な物語を、演技力とリアリティーをもって演じきれる。

とコメントをしています。

松嶋菜々子も広瀬すずのことを大絶賛していて

とっても頑張りやさん。天性の女優だと思うので、安定感が半端じゃないです。

とコメントしています。

それでは、今回のドラマ『夏空ーなつぞらー』について見ていきましょう。

スポンサーリンク

♦ どんな俳優さんがいるの?

主なキャストは次の通りです。

奥原なつ・・・広瀬すず

奥原咲太郎(なつの兄)・・・岡田将生

柴田泰樹(剛男の義父)・・・草刈正雄

柴田富士子(泰樹の娘・なつの母代わり)・・・松嶋菜々子

柴田剛男(富士子の夫)・・・藤木直人

その他にも豪華俳優陣が出演します。

その中でも、過去にヒロイン役を務めた女優さんが多数しているというところも気になります。

松嶋菜々子さん『第54作目「ひまわり」ヒロイン』

小林綾子さん『第31作目「おしん」ヒロイン』

山口智子さん『第41作目「純ちゃんの応援歌」ヒロイン』

やはり、今回に作品にはかなり力が入っているように思えますね。

♦ どんなお話なの?

戦争で両親を亡くした奥原なつ(9)は、養父の柴田剛男(藤木直人)と、北海道・十勝の酪農家族・柴田家と暮らすことになりました。柴田家は北陸からの開拓移民です。なつの父と柴田剛男は戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていたのです。

最初は夏のことを厄介者としていた剛男の義父・泰樹(草刈正雄)は、いつの日からか、孤児だからといって甘やかしたりせず、生きる術すべをとことんたたき込んでいきます。なつも徐々に天真らんまんな子どもらしさを取り戻していきました。

なつは小学生の頃、素敵な馬の絵を描く少年山田天陽(吉沢 亮)と出会うことで、絵が動く『アニメーション』というものがあることを知り感動します。

高校生になったなつは、絵を描く仕事につきたいと思うようになりますが、養父の剛男はなつが、一人息子と結婚して、牧場を継ぐことを望んでいました。

そんなとき、生き別れていた兄(岡田将生)が、東京で元気に働いていることを知ります・・・

スポンサーリンク

♦「語り」は内村光良


今回の朝ドラの「語り」を担当することになったことを2018年の紅白歌合戦の生放送で発表したことは有名ですね。

なんと、内村さんはドラマの「語り」をするのは今作品が初めてだそうです。意外ですね。

NHK側は、内村さんに対して「太陽のように明るく照らし続けてくれるに違いない」と考えたことを起用の理由としています。

内村さんの優しくて明るいいつものキャラがうまく生かされた「語り」に注目ですね。

♦ 主題歌は誰?

『優しいあの子』・・・スピッツ

主題歌にはスピッツの『優しいあの子』に決まりました。


Twitterにもあるように、この曲は「なつぞら」のために書き下ろされた楽曲だそう。

朝ドラファンだというスピッツの草野マサムネ(Vo, G)さんは、この曲を作るにあたり、何度も十勝を訪れて感じたという「『なつぞら』は厳しい冬を経て、みんなで待ちに待った夏の空」と解釈したということです。とても素敵ですね。

そんな意味を感じながら、毎朝主題歌を聞くのが楽しみになりそうです。

♦ まとめ

豪華キャストでおくる、今回の朝ドラ。実はしばらく朝ドラは観ていなかったけど、今回はみてみようかなーと思っています。

朝ドラが終了した半年後の広瀬すずさんの成長が今から楽しみです。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする