2段階うがいが効果的!「おぉぉぉ」がポイント!正しいうがいのやり方教えます。

6/13(木)19時~放送の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』では、うがいについて特集されますね。

風邪予防にはうがいが効果的、というのは常識としてみなさんも知っていることだと思います。

でも、ちょっと待って、そのうがいの方法、合ってますか?

ただうがいをすればいい、ということではないんです。

正しい方法でやらないと、かえって感染リスクが増えることもあります。

話題の『2段階うがい』の方法についてご紹介します。

2段階うがいが効果的

外から帰ってきてうがいをするとき、口に含んだ水を、いきなり上を向いてガラガラとやっている方いませんか?

それ、NGです!

口の中にあるウイルスを喉の奥に運んでしまうことになり、逆効果です。

お勧めするのは2段階うがい

では、2段階うがいの方法をご紹介します。

■方法

口に水を含み、クチュクチュペッと軽くゆすぎ吐きだす。

口の中にあるウイルスなどを、外に吐き出す効果があります。

口に水を含み、上を向いておぉぉぉと声を出して喉を洗浄してから吐き出す。

ガラガラと喉を鳴らす方が多いと思いますが、おぉぉぉとやると喉の奥まで水が行き届き、スッキリ吐き出すことができます。

②を2~3回繰り返す。

やり過ぎは、喉の奥の粘膜を傷めるので、2~3回くらいにしましょう。

スポンサーリンク

うがい薬を使用したほうがいい?

必ずしも薬を使ったほうがいいということはないようです。

うがい薬には、大きく2種類あります。

  • 殺菌作用
  • 抗炎症作用

どちらの効果を得たいかで選ぶうがい薬がちがってくるんですね。

①殺菌作用

細菌やウイルスに対して、殺菌・消毒効果を発揮します。
口臭予防にも効果を発揮します。

②抗炎症作用

炎症を抑える効果があります。
喉や口内が炎症していて、腫れや痛みがあるときに使用します。
殺菌効果はないので注意が必要です。

はみがき後のうがいは1回のみ

はみがき後のうがいは、外出時のうがいとはそもそもの目的がちがうので、やり方も異なります。

はみがき後のうがいの場合は、ごく少量の水で1回だけにしましょう。

せっかく、歯磨き剤に含まれる虫歯予防効果のあるフッ素(正しくはフッ化物)が、何度もうがいをすることで薄まってしまい、効果を得ることが出来なくなってしまいます

そして、はみがき後は、しばらく飲食しないことにより効果が高まると言われています。

まとめ

ただうがいすればいいってものじゃなかったんですね。

これからは、正しいうがい方法で風邪やインフルエンザ、花粉症などから自分を守りましょう。

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする